« 月夜の焚き火@仙台(2) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(4) »

2017年10月 2日 (月)

月夜の焚き火@仙台(3)

20170929dscf1276
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

今朝はライブの音を聴きながら過ごしています。先月のリハの段階までは「広瀬橋の門番」から始まる1部はアコースティックギターをノーマルチューニングにして弾こうと思っていたのですが、結局全てオープンGで弾くことにしました。ここ2年ほどオープンGで弾いてきたことでどうやら僕はオープンGの人になってしまったようです。

音源を聴くと、アコギのスライドも音に深みがあって良いなあと思います。使用したアコギはTOMPSONT-1のノーマルサイズでフィッシュマンのピエゾで拾ってTGWのプリを経由しての出力です。改めてこのギターがいかに優れているか、またピエゾとTGWプリとの絶妙なコンビネーションが良いかを痛感することとなりました。また仙台ではスライドをLatch LakeのDynamic Diffusion AcousticGlide Slide(長い名前)のミドルを使いました。このバーもアコギにはとても相性が良いと思いました。

さてライブの2曲目はキーボードに榊原光裕くん、ベースに崎村達也くんを迎えて、デビューアルバムから「さよなら通り」を歌いました。

20170929dscf1270
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

以前も書いたと思いますが二人はデビュー前に組んでいた「HANKHANTEN」という4人編成のユニットのメンバーです。二人は仙台ではピカイチ(死語か)のミュージシャンでしたし、もちろん今もそうです。

20170929dscf1275_2
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

自転車には長いブランクがあっても乗れるように、ミュージシャンも長いブランクがあっても、それを感じさせられないから不思議です。音楽は音であり人であるのだなと思います。この3人でもう1曲、「花いちもんめ」という曲を歌いました。この曲は「広瀬橋の門番」と同じく10代後半に作った曲です。

花いちもんめ

道はいつも強そうで
転ばすことしか考えない
僕は風に吹かれて
道を急ぐ
足の値段はいちもんめ
もんめもんめ花いちもんめ

ドボルザークは空が好き
アインシュタイン雨が好き
僕は風に吹かれて
道を急ぐ
足の値段はいちもんめ
花もつぼみの花いちもんめ

あの娘がほしい この娘がほしい
もんめもんめ花いちもんめ

右の足は左向き
左の足は中を向く
僕は風に吹かれて道を急ぐ
足の値段はいちもんめ
花も盛りの花いちもんめ

この曲を作ったのは「HANKHANTEN」での活動よりだいぶ前の曲なので、このメンバーで歌ったことは今回が初めてではないかと思います。

さて次は高校生時代の友人でもあり「八木山合奏団」として僕よりも先にデビューした二人とのセッションになります。

次回へ続く




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月23日(祝)に稲垣潤一くんのライブにゲスト出演します。
是非お出かけください。
会場は <築地・汐留 BLUE MOOD>
昼夜2回公演です。詳しくはBLUE MOODのサイトでご確認ください。

20171001_162915_2

|

« 月夜の焚き火@仙台(2) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(4) »

ギター」カテゴリの記事

コンサート情報」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ライブ「月夜の焚火」に娘と一緒に行きました!ギターを弾く岩淵さんの姿と美しい音色に二人で顔を見合わせて「すごいね~。素晴らしいね。」と感動!!
由美子さんの歌声も素適でした。「広瀬橋の門番」「さよなら通り」など活動をスタートしたころのぶちさんの歌が聴けて幸せでした!これからの記事にも期待していますnote

投稿: NORI | 2017年10月 2日 (月) 14時43分

NORIさん、コメントをありがとうございます。楽しんで、喜んでいただけて嬉しいです。僕にとっても心に残るライブになりました。

投稿: ぶち | 2017年10月 2日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月夜の焚き火@仙台(2) | トップページ | 月夜の焚き火@仙台(4) »