« カポタストコンテスト | トップページ | スライドバーの相性も変わる »

2018年2月 5日 (月)

スラッキーオープンG

1週間ほど前のことですが、夜寝ている時に夢だったのかウトウトしていた時に思いついたのかが定かではないのですが、ギターの演奏に関してひとつのアイデアを思いつきました。それは約2年間トライしてきたオープンGチューニングをそのまま2度(全音)下げたらどうだろうというものです。オープンGのチューニングのまま全ての弦を全音下げるというわけです。ですからオープンFと呼んでも良いのかもしれませんが、調べてみるとオープンFという違うチューニングがあるようです。

チューニングを下げることを思いついた理由はオープンGの場合、キーFで演奏する際の自由度が低いことです。なので一応全ての弦を全音下げて普段は2カポでオープンGとして弾いて、キーFの場合はカポを外せば良いのではないかと思いついたというわけです。

現在の使用弦はミディアムライトとミディアムをミックスして使っているのですが、全音下げるとスラッキーギター的な雰囲気になります。実際弦を緩めているのですからスラッキーであることは間違いありません。勝手にスラッキーオープンGとでも呼んでおこうかな。

当初はこのチューニングをリゾネーターギターで弾こうと考えていましたが、僕のリゾネーターは2本とも12フレットジョイントなので2カポにすると高音が不自由になってしまいます。そこで何気に14フレットジョイントのアコギを持ち出して弾いてみたところこれがなかなか良い塩梅だったのです。周囲の評判も良いようなのでしばらくはアコギ(トンプソンT1)をスラッキーオープンGにして弾いていこうと考えています。


先日スライドコンバーターカポを購入したのも、2カポで弾くことが多くなることを考えてのことでしたが、自分でカポを削らないとベストな弦高を得られないのでしばらくは封印しておくことにして(削るが破壊になる可能性があるので)、ネック調整をしてお茶を濁しました。ひとまずスラッキーオープンGの音階やコードを頭に入れないといけませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

|

« カポタストコンテスト | トップページ | スライドバーの相性も変わる »

音楽」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カポタストコンテスト | トップページ | スライドバーの相性も変わる »