« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

被災後の日常から

2014年の1月、私は南三陸へ歌いに出かけました。その時に仙台から南三陸までの往復を送迎してくださった方がいます。その方は初めてお会いする方で川上直哉という方でした。この方は復興支援団体の東北ヘルプで事務局長をされている方で牧師です。この春からは石巻栄光教会で奉仕をされるとのことです。

仙台から南三陸までは2時間弱かかったと思いますが、その往復の車中で何を話すともなく語らった空気感を今でも覚えています。それは初めてお会いしたにもかかわらず「あ!どこか共通しているなあ」という親近感や安心感を覚えたからです。帰りの夕焼けの美しさは忘れることができません。

20180328_92632

その川上牧師の3月発行された著書『被災後の日常から』というご本を読ませていただきました。副題に『歳時記で綴るメッセージ』とあるのですが、この本は復興支援の現場で語られたメッセージを中心に編集されています。それはミッションスクールの中学生から大人のための講義として語られたものまで、幅広く収録されています。そのどれもが理解しやすく示唆に富んだ内容です。読みながら、最初にお会いした時に感じた「あ!どこか共通しているなあ」を改めて確認させられました。

特に印象に残ったのは中学生に語られた『キリスト教の救い』というメッセージです。聖書は有名なイザヤ書53章(口語訳)です。

1 だれがわれわれの聞いたことを信じ得たか。主の腕は、だれにあらわれたか。
2 彼は主の前に若木のように、かわいた土から出る根のように育った。彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない。
3 彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった。
4 まことに彼はわれわれの病を負い、われわれの悲しみをになった。しかるに、われわれは思った、彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられたのだと。
5 しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれの不義のために砕かれたのだ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。

メッセージの詳細を書くことは控えますが、一部を抜粋させてもらいます。

以下『被災後の日常から』70頁からの抜粋です。

ーーーーー
この歌が描く主人公は、みすぼらしい、冴えない、弱々しい一人の人です。でも、理不尽のしわ寄せが集まる場所に立って、「これはおかしい、なんとかしなきゃ」と言ってしまう人。そういう人はまわりから迷惑がられる。余計なこと・面倒を引き込むと、嫌われる。「お人よし」と馬鹿にされるかもしれない。人を押しのけて利益を得ようという人に、簡単にやっつけられてしまう。そうしたことがこの歌に歌われています。世間は、こういう人を尊敬しません。困った時は、もてはやすでしょうけれど、普通の時は、無視します。困ったことは押し付けて、あとは忘れます。忘れるために、こういう人を利用します。そして、ついにこういう人は、くたびれ果て、使い捨てられます。そういう人のおかげで、この世界は何とか回ります。めちゃくちゃになるはずの世界は、そういう人によって、何とか保たれています。でも世間はそういう人を無視し、忘れ、馬鹿にし、利用し、使い捨てます。この歌は、そういう人の様子をうたっているのです。そして、この姿こそ、イエスそのものだと。教会でクリスチャンたちはいつも、語り合ってきました。
ーーーーー

こうして本からの抜粋をタイピングしながらも、私は目頭が熱くなります。受難週のこの時にお薦めの一冊です。こちらから購入できます。→ ヨベル



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

 

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

 

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

 

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

 

Dvda

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

それって芸人じゃん

月初めから患っていた気管支炎もやっと落ち着いてきて、普段の身体に戻ってきました。気管支炎になった理由が花粉症からなのか、単なる風邪からなのか定かではありませんが、2年前の12月にも気管支炎で皆さんにご迷惑をおかけしましたので、今回は改めて気をつけなければと思わせられています。

そんな中11日には仙台で歌い、14日にはFEBCの番組収録がありました。仙台のことはこの前のブログに書きましたが、FEBCの収録日も声が落ちていて、ディレクターの判断次第では収録NGになるかもしれないという状態でした。ひとまず予定どおりスタジオに向かいテストをしてみたところ「大丈夫でしょう」ということになり、数本分の収録をすることができました。収録中に咳き込むこともほとんどなく終えることができ、これまたホッとしました。

収録した番組は4月からスタートする『歌と笑いとおしゃべりと 〜歌声ペトラの風〜』という番組です。

Img_201804bangumihyo

実は数年前にもこの番組を持っていたので、今風に言うとシーズン2ということになります。内容は歌声ペトラの曲をかけながら、関根一夫先生と僕とのフリートークです。毎週水曜日の22時14分からですので聴いてやってください。ネットでも配信されますのでラジオが無くても大丈夫です。

実際の番組作りはと言いますと、毎回関根先生がプランしてくれたテーマと曲に沿って自由に語り合うというシンプルなものです。先日の収録で驚いたエピソードは、関根先生が高校時代に応援団だったということです。今の関根先生はそんな感じが全くしないわけですが、応援団をやって、やれないことはないお方なのだと改めて認識させていただきました(笑)。今回収録されたものは5月過ぎの放送になるのだと思いますが、なぜ応援団に入ったのかの顛末をどうぞ楽しみにしていてください。

それにしてもラジオの収録をするたびに思うのは「僕はラジオが好きだなあ」ということです。もう少し凝縮すると「ことば」が好きということかもしれません。ずっとシンガーソングライターとして生きてきましたが、小学生の頃は漫才師になりたかったくらいですからねえ。ことばが好きで笑わせるのが好きで歌も歌えるってか。それって芸人じゃん。芸人、ちゃんちゃん。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (2)

2018年3月21日 (水)

ボランティアのMr.ポール

みなさまにご心配いただいていた気管支炎も、今週に入って喉と胸の痛みや咳が治まりだいぶ楽になりました。この間のコンサートやラジオ収録、番組収録の際には万全の体調で臨むことができずにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

そしてこの体調不良により、それまで毎日更新していたブログも更新がままならない状態となっていました。その状況の中でひとつ気づいたことは、ブログを書く動機が、何かを書きたいかどうかというよりも毎日書き続けることになっていたなということでした。僕はこういうパターンにハマりやすい人間でして、気がつくとやることなすことが過剰になってしまっていたり、掟的にしてしまっていたりするんです(汗)。

というわけでこれからはゆるく書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。

ところで3月11日には仙台で開催された「東日本大震災追悼記念礼拝」の中で歌う機会が与えられました。この日も歌う直前まで咳き込んでいましたが、歌っている間は咳も出ずに終えることができました。今回は由美子とのデュエットでしたので、それにもとても助けられました。

29025862_2022324061352132_596415896

この日歌ったの曲は「ほほえみの春」「ボランティアのMr.ポール」「かけがえのない世界」「GOD BLESS YOU」の4曲でした。「ボランティアのMr.ポール」は石巻で被災された鈴木のり子さんの詩に僕が作曲させていただいた曲です。この詩との出会いは河北新報社の「ありがとうの詩」という復興支援プロジェクトでした。興味のある方は「ありがとうの詩」のサイトを御覧ください。→「ありがとうの詩

「東日本大震災追悼記念礼拝」では最後に献花の時が持たれました。

Img_0222

これまで復興支援で東北を何度も訪れていましたが、考えてみれば献花をさせていただいたのは今回が初めてでしたので、とても貴重な時を持たせていただけたことに感謝しました。

次は5月に釜石へ伺う予定です。今私の中では「支援に伺う」という感覚がほとんどなくなっています。釜石へ伺うことが自分の暮らしの一部になりつつあるのかなと感じています。

最後に「ボランティアのMr.ポール」の歌詞をご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボランティアのMr.ポール  詩 鈴木のり子

アメリカからやってきてくれた Mr.ポール
あなたは言ってくれた 涙をこらえてはダメだよ
そのひと言が私の泣き虫を 起こしてしまったみたい

震災のむごさの涙 立ち上がれない涙
先の見えない涙 いっぱいいっぱい涙の洪水

でも今は自衛隊さんへの 感謝の涙
ボランティアさんへの涙
そして世界の皆々さまへ感謝
世界の皆さまへ感謝の涙

泣き虫はいつも元気だけど 
一人じゃないよと教えてくれる
いつもみんなが助けに来ると 
そして涙の洪水を変えてくれる

ありがとう と言いながら また洪水

いっぽいっぽこの町が 生まれ変わって行く
その日は「やった!」の涙の洪水だね
Mr.ポール その日に会いたいね 強く握手したいね
ピースサインをしてくれるよね
約束したもんね したもんね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (6)

2018年3月15日 (木)

気分は各駅停車Vol.2

今月に入って風邪の症状で体調を崩していましたが、2週間ほど経ってようやく回復しつつあるな、というところまできました。

2週間にも亘って長引いた理由のひとつは最初に風邪だ!と認識しなかったことにあります。それは初期症状が花粉症的だったからです。しかし花粉症ならばひとまず様子を見てみようと思っているうちに、次第に症状が悪化してきました。そして気管支炎になってしまったんです。この間発熱らしい発熱がなかったので、僕は今でも花粉症由来の気管支炎なのではないかと思っています。そうだとしたら花粉症侮るべからずです。

この間の11日には仙台で歌う予定がありましたし、昨日はラジオ番組の収録がありました。どちらも体調もですが、声がどうしようもないので気持ちとしては逃げ出したいと思うくらいでしたが、なんとか無事に終えることができて本当にホッとしています。有り難いことです。

昨日、快気祝いというわけではありませんが、インターネット配信番組、『気分は各駅停車』のVol.2がアップロードされました。Vol.1同様皆様にご覧いただけたら嬉しいです。

今回は僕が釜石を訪問した時にお世話になっている高橋和義牧師の歌をたっぷり聴くことができます。曲のタイトルは『三陸のキリスト』。良い声、良い曲です。次回はギンイロヒコーキの様子がアップロードされるようです。

Vol.1からご覧になりたい方はこちらです。

| | コメント (1)

2018年3月10日 (土)

北極点を目指さなくては

20180310_91155

ここ数日久しぶりにブログを書きませんでした。実は先週半ばから体調を崩し始めたのですが、風邪という感じではなかったので、いよいよ花粉のグループ入りかと思って、ひとまずは様子をみていました。しかし今週頭くらいから気管支炎的な方向に症状が広がりそうな気配がしてきました。それでも花粉症のせいだと考えていたので、花粉症を取り扱っている病院を受診しました。そこでは「花粉症でしょうね」ということで、花粉症からの気管支炎を予防する薬と目薬をいただいて帰ってきました。

それでも改善の兆しがみられないので、今度はかかりつけのお医者さんへ行ったところ「風邪でしょう」とのことでした。念のためにインフルの検査もしていただきこちらは陰性でした。こちらでは抗生剤を含む薬をいただき、「喉のためには耳鼻科にも行ってみたら良いのではないですか」とのアドバイスをもらって耳鼻科を受診。こちらでも「風邪ですね」という診断でした。

ところが今朝起きたら目が変な感じがするので、どうやら花粉症的な症状に風邪が入り混じってしまっていたということのようです。

今日は仙台へ移動します。明日の午後2時から仙台の青葉荘教会を会場に開催される『東日本大震災追悼記念礼拝』の中で歌わせていただくためです。ここまで少しずつ回復してきてはいますが、あとはなんとかその時に声が出るようにと願うばかりです。今回は妻も一緒なので何かと助けてもらうことができますが、こんな時にこんな体調で出かけることがとても心苦しいです。いや心苦しいのは昨日の朝くらいまでで、今は北極点を目指す探検家のような気持ちになっています。

最近の僕は復興支援関係で宮城へ出かけることが少なくなりましたので、明日は以前ご一緒した方々と顔を合わせることができるのではないかと楽しみにしています。まずはしっかり北極点を目指さなくてはです。





| | コメント (4)

2018年3月 6日 (火)

夏タイヤと釣りの解禁

今日はタイヤ交換をしに出かける予定です。今シーズンは富山へ行く前に冬タイヤにしようと考えて、11月初旬から冬タイヤにしていましたが、雪の日に走ったのは1回か2回程度でした。

以前は冬になっても夏タイヤのままでやり過ごしていましたが、10年くらい前から冬の期間にも車で移動しなければならない仕事ができて、冬タイヤを履くようになりました。これから先まだ雪が降る可能性はありますが、しばらくは車移動が多くないので履き替えることにしました。

夏タイヤの方はアルミホイールなので、少しは燃費が上がるかもしれません。それもちょっと楽しみです。

そして3月1日に近くの川が釣り解禁になりました。

20180306_115046

そもそも普通の川に解禁なんてあるの?ですよね。

以前は川で釣るのにお金がかかるなんて考えたことがありませんでしたが、漁業組合が川の管理をしていて、年に何度か魚の放流をしているので入漁料が必要になるのだそうです。

来週には1年通しの入漁券を買って釣りに繰り出そうかなあ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (1)

2018年3月 5日 (月)

手動加圧

僕のオリジナルに『ドキドキスキップ』という曲があります。実はこの曲を作ったきっかけは不整脈発症1年記念というふざけたものでした。不整脈を発症したのが1998年の秋でしたのでもう20年前のことになります。

それ以来薬を服用するようになり、毎朝血圧を測るのが習慣になっています。これまでは手首で計測するタイプの血圧計を使っていましたが、そろそろ寿命らしく加圧が弱くなってきていました。

そこで新しい血圧計を買うことにしたのですが、いろいろ調べていたらモーターで加圧するのではなく手動で加圧するタイプを発見しました。価格も2000円以下ですし、自分で加圧するのも面白そうなのでこれにすることにしました。

Img_4820

計測するにはちょっとした慣れが必要ですが、上腕式の方が正確に計測できますし、慣れてしまえば問題ありません。ただ腕まくりではなく服を脱いで腕を露出した方が良いようなので、その手間がちょっと面倒です。

それからこの血圧計は過去のデータの記録ができないので、記録を残したい人にとっては測定結果をメモらないといけないのも面倒です。

でもモーターで加圧しないので電池は長持ちしますし、加圧の具合も自分で調整できるのも良いです。

それにしても血圧計のことをふとブログに書くような歳になったんだなあと、自分のささやかな変化も面白いですねえ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda






| | コメント (1)

2018年3月 4日 (日)

肘掛とギター

Img_4822

仕事部屋の椅子は近くのホームセンターで買ってきた肘掛がついたタイプのものです。価格が10万円を超す高級な椅子に憧れはしますが、なかなか手が出ません。

椅子の肘掛はデスクワークをしている時に楽ですが、ギターを弾く時には邪魔になります。短時間弾く時には椅子に浅く腰掛けて弾くようにしていますが、長時間弾くことは無理です。なので長時間弾く時には肘掛を外します。肘掛が動かせるタイプの椅子もあるようですが、まあ必要な時に外せば良いのであまり触手が動きません。

で今朝ふと「肘掛を左右反対にしたら、前に伸びている部分が短くなってギターが弾けるかもしれない」と閃きました。早速肘掛を左右反対に付け替えてみたところそれなりに良さそうな感じがしています。普段は一応肘がかけられるのでこれでしばらくは試してみたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (1)

2018年3月 3日 (土)

不安と期待に胸ふくらませ

Img_4819

今日は夜中に起き出してレコーディングをしていました。レコーディングと言ってもMIDIキーボードを使っての打ち込みですので、ヘッドフォンでモニターをすれば夜中でも大丈夫です。

打ち込みをしながらいつも思うのは、鍵盤が上手く弾けたらどんなにか良いだろうということです。それでもなんとかかんとか朝までにベーシックなオケができて、午前中にボーカルを録音し終え、先ほどMIXも終えました。

僕のレコーディングのシステムはごくごく地味なものですが、僕的には気に入っています。スタジオに入るのはそれまでの準備がありますし、予算もかかります。そしてなんといってもリラックスして録音ができます。

とは言っても僕はとても恵まれていて、いつもお世話になっているBS&Tスタジオで録音するときにはとても良くしてもらっています。それでもやっぱり自分の仕事部屋で録音するのとは違いますよね。

さて明日は久しぶりに歌うので、午後からはそのリハを予定しています。時々「何年も歌っているのだからあがらないんでしょう」と言われますが、そうでもありません。頭が真っ白になることはありませんが、なんとなく不安だったり緊張したりします。せめて不安と期待に胸ふくらませ、という感じでいければ良いのですがね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (1)

2018年3月 2日 (金)

今日は母の誕生日

昨日『Thompson T1 Short Scale』の弦を新しくしましたが、1日経ったらとても音に張りも出てきて良いコンディションになっていました。今日は朝から『ありがと音頭』のリアレンジをしてオケの録音をしていましたが、大まかな感じは出来たので来週前半には完成できそうです。

ところで今日3月2日は亡き母の誕生日です。元気だったら今年で99歳なんだなあと、母を思い返しています。

そんな母が生前大好きだった歌手のAさんと今月お会いすることになっています。どうしてお会いすることになったのかと言いますと、昨年から僕の同行取材をしている映像制作会社『LOOP』さんからの提案で対談をさせてもらうことになったからです。

Aさんはヒット曲をたくさん持っていらっしゃり、紅白にも出演された方なので、この提案を頂いた時にはかなり気後れしましたが、せっかくの機会なのでお受けすることにしました。母が生きていたら大喜びだったことと思います。そして多分一緒に付いて行きたい言ったのではないかと思います。

さあどんな対談になるのでしょうか。今では少しずつ緊張の糸も解けてきて、お会いする日が楽しみです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda


| | コメント (1)

2018年3月 1日 (木)

結局もとどおり

Img_4815

先日『Thompson T1』をノーマルチューニングで弾き始めたことを書きましたが3弦の5フレットから上が強めに弾くとビビってしまうことがわかりました。これを調整してもらうのには時間がかかるので、リゾネーターにはまるまではメインで使っていた『Thompson T1 Short Scale』を試してみました。こちらはメインで使っていただけあってメンテナンスをしているので、ビビりなどの不具合は出ていません(写真の左のほうがShort Scale)。

しかしShort Scaleの方はネックの長さが少し短いので、同じゲージの弦を張っても弦の張りが弱くなることや、ネックとボディーのバランスの違いなどの微妙な音色の差があります。実はふたつのギターに張っている弦が違うので正確に比較することはできませんが、Short Scaleの方が少し軽めな音がしているようです。

今はギターの音色に関して繊細な感じになれているので、弦のマッチングを試しながらひとまずはShort Scaleでいくことになりますかね。2年以上リゾネーターの旅に出て結局もとどおりってなんなんだあ!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda





| | コメント (1)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »