« 旅のせい | トップページ | ケア »

2018年11月20日 (火)

楽しみには感謝が不可欠

ブログに釣り関係のことを書くと、さりげなくみなさんが引いている感じがします。正直自分の中にも釣りに関してはクエスチョンマークが出るときがあるんです(汗)。それは釣りなんて無駄な時間じゃないのか?とか、釣られた魚は痛みを感じないという説が一般的だが、痛みに近い感覚を持っているという説もあるしなあ?とか、たとえ痛みを感じないとしても釣るのはかわいそう?。そもそも高価な(それなりに)釣り道具を揃えるのは贅沢なんじゃないだろうか?、などなどです。

僕の言い訳のひとつは「フライフィッシングは本物の餌じゃなくて、疑似餌なんだから食べた魚の方もうっかりなんでゆるしてちょーだい」です(汗2)。

ところで肝心の疑似餌にも少々「?」があります。それは疑似餌を作るための材料には鶏や動物の毛が使われることが多いからです。鶏や動物の命をいただいてこちらは遊んでいるわけですからね・・・。ですから釣り人の中には疑似餌かどうかに関わらず、「釣った魚は必ず食べるべきだ」という方もいます。半端な気持ちで釣るな!ということですよね。

どうしてこんなことをグダグダ書いているのかというと、先日フライの材料のハックルという鶏の毛を買ったからです。これまでにも持って今したが、今回のものはそれよりもぐっと大きい本格的な物なんです。その大きな羽を仕事部屋に置いてみたらその存在感がけっこう大きくて、「あ〜鶏さんゴメンなさい」という気持ちになってきたというわけです。
 
Img_0820
  

日本では『なんとか供養』というのがありますが、そこには命をもらった相手に対する感謝はもちろんですが、後ろめたさの解決という面もありそうです。

というわけでフライフィッシングは、自然の事やいのちの事を意識させられるのですが、自然やいのちの大切さに気付かせてくれるもでもあるのです。

ちょっと大げさなことになってきましたが、フライフィッシングをするしないに関わらず僕たちは、大きなものに育まれていることは間違いがないですよね。享受しているものに気づかせてくれたのだとすれば、フライフィッシングも良い、ということになるかもしれません。

人が受ける喜びや楽しみには感謝が不可欠ということですね。

 
 
 
 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 岩渕まこと・由美子 NEWアルバム!
「風に乗って」
10月20日 発売! 2700円(税込)

Photo
 
●収録曲(歌声ペトラより) 試聴はこちらからどうぞ ▶️ 試聴
1. 風に乗って    
2. 御子イエス眠りたもう (クリスマスソング)
3. 約束の救い主 (クリスマスソング) 
4. 愛が心に届くとき
5. 主イエスの祈り
6. 悲しみ心をふさぐ日も
7. 日々の祈り    
8. 静まろう 
9. 福音の力      
10. 変わらざる神の愛に 
11. この世の旅路主イエスと
 
ご注文はFaxかメールでお願いします。 
 
お支払いはCDに同封の郵便振替用紙にてお支払いください。
お振込み手数料(¥100前後)のご負担をお願いいたします。
 
Fax.04-2941-3037 E-mail:singanewsong@cmail.plala.or.jp
お申し込みの際には下記の項目についてご記入ください。
 
---------------------------------------------------------
お名前              
ご住所(〒からお願いします)                        
Tel.             
メールアドレス     
枚数       枚  
岩渕のサイン  有・ 無(ご希望の日付)
*サインは封を開けますので封を開けたくたくない方は無をお選びください。           
合計金額     円  
---------------------------------------------------------

|

« 旅のせい | トップページ | ケア »

日記」カテゴリの記事

フライフィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅のせい | トップページ | ケア »