2017年6月22日 (木)

初心に返って

20150826dscf65702
FUJIFILM X-Pro1 マニュアルレンズ

東京基督教大学(以後TCU)でギターを教え始めて今年で5年目になります。その前のワーシップジャパンとその前身のJMMSでのレッスンから数えれば約12年になります。もちろんそれ以前のミクタムミュージックミニストリーで教えた経験も合わせればさらに長くなりますが、これらは主にギターレッスンというよりは教会音楽のあり方や、携わる者の心がまえなど広い範囲に渡るものでした。

今日と29日と2週続けてTCUでのレッスンがあり、これで春学期の予定が終了します。開始が4月末でしたから正味2か月の期間で6回のレッスンとなるわけですが、僕にはいつも充分なレッスンを提供することができているのだろうかという不完全燃焼感があります。もちろんそれはTCUでのレッスンに限ったことではありません。

今朝はその根本的な問題に気がつきました。それはそれでもまだなんとか頑張ろうとしている自分だたということです。本当はちゃんと「お手上げだ」と白旗を上げることが必要なのではないかと思ったわけです。受講生からしたら白旗を上げている講師から習うなんてとんでもないかもしれませんが、なんとかしようともがいている講師よりはよほどましではないかと思います。

趣味の写真も、職業のギターも音楽も、そのことに飽きたと思ったあたりからの方が良いものが生まれてくるように思います。物事に夢中になっている時には大事なことに気づいていないことがあり得るのではないでしょうか。それはなんとかして教えようとしている自分にも当てはまるのではないかと思います。

まずは背負いこんでいる荷物を降ろし、初心に返って取り組まなければと思わされた朝でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

歌われるときに歌になる

Utapeto

先週は滋賀でコンサートが連続したので、ひたすら演奏に集中して過ごすことができました。さすがに連続のコンサートの疲れもあり、昨日は本を読んだくらいでほぼ何もしませんでした。今日になってこの先に抱えているいろいろな課題に気がつき、ちょっと頑張らなくちゃという気持ちになっています。

さて今夜はお茶の水での歌声ペトラです。この歌声ペトラで僕は司会進行役ではなく、作曲とギター伴奏担当なので気持ちが楽です。司会進行はドラマーの市原さんが小さなタンバリンを片手に担当しますが、その名司会(迷司会?)が名物になっており、みなさんが楽しみにしていらっしゃいます。

今夜は238番目の曲「心を合わせ手を合わせ」を発表します。曲の作曲から発表までの流れは、まず僕が作曲をして、それに関根一夫牧師が作曲をします。それを僕が譜面にして編曲の西原さんへ送ります。編曲ができると今度はベック由美子さんのところへデータが送られて浄書されます。最後に西原さんが校正をしてプリントアウトするという流れです。同時に浄書されたデータをPDFファイルにして、Ustream担当の安田さんと、歌声ペトラのサイトを管理している関西のピーターさんに送られます。

こうして歌声ペトラの当日を迎えるわけですが、改めてプロセスを書き出してみるとけっこうなものだと思います。そしてすごいのが関係者は隅から隅までボランティアで担当してくれていることです。もしそうでなければ歌声ペトラなんて続けてくることはできませんでした。

さらに忘れてはいけないのが毎月足を運んでくださる方々です。この方々のカンパで会場費やコピー代などの諸経費を賄わせてもらっています。そして運営全体を管理してくれている歌声ペトラの事務方?も隅から隅までボランティアです。

今夜もどんな時間になるのか楽しみです。なんといっても新しく生まれた曲が歌われるときに歌になるわけですからね。みなさんのお越しをお待ちしています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

独り言

20150612dscf9388
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

昨晩は予定よりも少し早く帰宅することができました。今は新幹線の予約が乗車直前でもスマホから変更ができるので僕のような旅人には助かります。妻は30分や小1時間待つのは平気だといいますが、僕には耐えられません。

そして今朝は仕事部屋で落ち着いた時間を過ごしています。今年の初めに隣家(元々飲食店だった)が中華料理屋さんになり、中国の方と思しきご夫妻が住まれるようになりました。部屋の窓を開けていると、時折中国語と思われる勢いの良い会話と生活音が聴こえてきますが、それにもだいぶ慣れました。

ひと月ほど前から娘が出産後の里帰りをしているのですが、今週自宅に戻る予定になっています。久しぶりに妻と二人の生活に戻るので、ひょっとしたら寂しくなるかもしれないですね、なんて言ってはいられませんが(笑)。

それにしても滋賀で出会ったみなさんは良い人たちだったなあ・・・と思い返しています。静かなのに明るいみたいな不思議な感じ。そしてひとたび動き始めるとテキパキ有能みたいな感じ。その辺が近江商人が生まれる要素なのかもしれないですね。元々交通の要所ですし、歴史上の様々な出来事に巻き込まれざる終えなかったという土地柄もあるんでしょうね。

明日は本家歌声ペトラです。今年は歌声ペトラ20周年ということで毎回ミニコンサート的なコーナーを設けていますが、いつからか西原氏がアレンジをしてくれるようになりました。明日のための譜面も送られてきているので、今日その確認をしようと思います。

またリゾネーターのM1のライン出力のアースがとれていないようで、たまにノイズが乗るので明日御茶ノ水に行くついでにリペアをしてもらう予定にしています。

今週末には茨城県の取手でコンサートが予定されています。来週には関東学院の礼拝で歌い、再来週には釜石へ出かけます。釜石では久しぶりに山田へ足を伸ばします。今回は夫婦バージョンなので車移動にしました。釜石まで一気に走ってもその日は何もできないので、前後1泊ずつ宮城にホテルを予約し、9月末の仙台でのライブの打ち合わせもする予定にしています。

なんだか今日は頭の中を整理している独り言のような内容でしたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございます。8月頭までぼちぼちコンサートの予定がありますのでお近くの方は是非お出かけください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

Jerry Beans

13458745_1770072769905602_829051868

今回の旅でJerry Beansというバンドとの出会いがありました。きっかけは大津でのコンサートのPAを彼らが請け負ってくれていたことです。そしてお互いを近づけてくれたのは不登校という共通の体験でした。出会った時に僕はまだ彼らの歌を聴いてはいませんでしたが、これを書きながらYoutubeで歌を聴いています。

Jerry Beansの結成は1998年とのことですので、もうすぐ20周年を迎えるバンドです。2009年にある出会いを通してライブの中に不登校の頃のトークを加えるようになって、教育関係者の方々の耳にとまるようになり、現在では年間100回以上のライブ活動をしています。

メンバーの山崎兄弟は僕の息子と同じ年齢ということもあり親近感を覚えましたし、不登校(僕の時代は登校拒否でしたが)の大先輩で(エヘン)もあるので紹介しています。

興味のある方は彼らのサイトへどうぞ。→ Jerry Beans






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

人生は冒険

Img_4210

昨日は夕方に妻から買い物を頼まれて出かけました。ひとりで入るのが初めてのお店だし、普段買うことのない品々だったので店内をかなりウロウロしてしまいました。そのお店は◯松屋。牛丼の松屋ではありませんよ。そう赤ちゃん用品のお店です。

というのも、現在我が家には明日で生後4週間になる赤ちゃんと娘が里帰り中です。昨日はその買い物を頼まれ、勇んで(勇まなくても良いですが)出かけたというわけです。

買うものは紙オムツと粉ミルクと純水というものとミネラルウォーターです。問題は僕の頭のイメージにある紙オムツと粉ミルクのイメージと、今時の製品の見た目がかなり違うということでした。

Img_4207

僕のイメージの粉ミルクは赤ちゃんの写真が目立つ缶ですし、紙オムツはそっけないパッケージだったように記憶しています。僕がお店に入って商品棚を見渡してもそういうものは見当たらず、頭上の案内看板を頼りに目を皿のようにして棚から棚へと物色し、やっとのことで見つけることができました。純水に関しては何売り場にあるかの検討すらつかなかったので店員さんに聞いてやっとゲットすることができたというわけです。

その後スーパーマーケットへ立ち寄りミネラルウォーターも無事にゲットして任務完了となりました。

さて娘の赤ちゃんは4週間前ですが、息子のところにも二人目の赤ちゃんがいて、こちらはもうすぐ8か月になるところです。1年の間に新人が二人も登場するって、わかっちゃいるけど何か不思議です。とにかく二人とも家族だなわけです。なんと僕は一気に3人の孫のおじーちゃんにならせてもらったわけです。

とにかく子供達が伴侶と出会い、ちゃんと生活をしてくれているだけでもありがたいのに、元気な赤ちゃんにまで会わせてくれて感無量です。僕はこんなに良くしてもらえるような生き方をしてきた人間じゃないですから、ひとまずあっけにとられています(わけがわからんですよね)。

実は先日車を新しくしたのですが、そのナンバーは3人の孫の生まれ月を並べた番号にしました。今年は僕のデビュー40周年なのですが、公私共にいろんなことが始まり、変わる1年になってきたなあと楽しんでいます。人生は冒険なんですね(大頭眞一牧師作詞の-夜明けの歌-という曲に冒険という言葉が出てきます)。

ちなみに40周年記念ライブが東京と仙台で決定しています。東京は9月8日曙橋のバックインタウン。仙台は9月29日にジャズミーブルースノラで開催します。そして関西でも可能性がないかなあと現在模索中です。各会場是非とも満員御礼よろしく。鋭意予約受付中。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

「へ〜」と感心

Gbb1
TABのサイトから拝借しました

最近ネットでリゾネーターギターやスライドバーを検索すると自分のブログがヒットすることがあり、ちょっと恥ずかしくなりました。というのも僕が書いていることは自分が目的に到達する過程の迷いや悩みごとがほとんどだからです。教則的ではなく、レッスン日記的、研究日記的だからです。そこで今日はスライドバーについて書いて、ひとまずこれで一段落にしようと思います。

僕は自分に最適なスライドバー選びに関しては1年ほど試行錯誤の繰り返しで、「これだ!」と思っては考え直すことばかりしていました。その理由はスライドバーは材質、音色、形状、サイズ、重量によって全く違うからです。

サイズと重量は指への負担が違ってきます。さらに形状が違うことによって音程の正確さや、発音の正確さ、ノイズの発生頻度にも違いが出てきます。シンプルにまとめてもこれくらい違うのですから、これらの特性を組み合わせてジャストフィットを選び出すことは大変な作業であることがわかります。以前はどうしてこんなに迷ってしまうのか不思議でしょうがありませんでしたが、冷静に考えてみれば当たり前のことでした。

そして5月31日のブログでは音色重視で重いスライドバーを最終選択していましたが、やはり指への負担が大きく、ここ数回のライブではTABのジャイアント・ボーン・バーに落ち着いてきています。しばらくはこのバーのサイズ感(特に長さ)と重量、それから陶磁器製でよく滑るので、正確にコントロールすることができるようにしなければと思っています。

結論として僕の場合、音色重視は許せる範囲で引っ込めて、重量による指への負担が軽く、形状はストレートではなくRが付いているタイプがベストのようです。これまで散々迷いに迷った挙句にジャイアント・ボーン・バーに落ちついたわけですが、なぜか微妙に「へ〜」と感心している自分がいます。正直ちょっと疲れたかも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

巨象をなでてみよう

Img_4190

この方との出会いは2年前の秋のことでした。それは関西で牧師をされている大頭眞一先生という方です。出会ったといってもフェイスブックのメッセージでのことでリアルではありません。

先生は翌年から「舟の右側」という月刊誌に連載を始めました。そのタイトルは「焚き火を囲んで聴く神の物語」という微妙に普通じゃない感じでした。そして中身は微妙レベルではなく、けっこう普通じゃない(〜学書みたいじゃない)内容でした。そして気がつけばその世界に引き込まれている自分がいたのです。

連載の中身をめちゃくちゃ簡単に言えば、聖書に登場してくる人物(例えばイザヤという人など)と著者が焚き火を囲んで語りあい、笑い、時には泣きながらながら神の心を描き出そうとしている、でしょうか。とにかく読み始めた僕の中の琴線がボヨ〜ンと振えたのです。そして昨年リリースしたCD「天にも地にも」に収録した「神の物語」という曲にまで発展していったのです。

大頭先輩(焚き火の周りでは先生と言わずに上下立場職種に関係なく先輩と呼び合う文化が醸成中)との最初の出会いから1年が過ぎた昨年の秋に先輩が、「焚き火を囲んで聴く神の物語」が「焚き火を囲んで聴く神の物語・対話編」という本になるので、そこに祝辞のような「乾杯の音頭」を書いて欲しいと言ってきました(だんだん物言いが失礼になってきてすみません)。だいたい結婚式の乾杯の音頭も苦手な僕に「書け!とはどういうことだ」と思いながらも、結局書いてしまった自分。この「なんでこうなるの」という「変」をふりかけるのが大頭先輩というお方なのです。

そして先日「焚き火を囲んで聴く神の物語・対話編」が発売されました。メインの内容は元々の「焚き火を囲んで聴く神の物語」の12のテーマに12人の方々が応答するというものです。12人の方々は焚き火のそばにいる方もいれば、ちょっと遠巻きに眺めている方もいますし、友のようだったり兄のようだったり、妹のようだったりと様々です。本の冒頭の方に僕が書いた「乾杯の音頭」も収録されています。あくまでも焚き火に火をつけたところでの「乾杯!」という程度の内容なのでご心配なく(何がご心配なく、かわかりませんが・・・)。

さて「焚き火を囲んで聴く神の物語」が「焚き火を囲んで聴く神の物語・対話編」とバージョンアップをして、何らかの帰結を得たのかというとそうではなく、またここから始まる、ということだと思います。本の帯に「神という巨象をなでてみよう。仲間と焚き火を囲みながら」とあります。

巨象で思い出したのは長女の亜希子が1歳くらいだったでしょうか。親の初心者である僕は亜希子を動物園に連れて行きたくてしょうがなくなりました。そして上野動物園の象の檻の前に行き、亜希子を抱っこしながら「ほら、あれがゾウさんだよ、ゾウさん」といくら指差してみても当然亜希子にはゾウさんがゾウさんとして認識できるわけがありません。ただ父親が「ほらゾウさんだよゾウさん」と繰り返す声が響いていただけでしょう。

神という巨象と僕たちはこれに似ているかもしれません。以前は「神がいるなら出してみろ」」というフレーズがありましたが、亜希子とゾウのようにゾウはそこにいて、実は見えてはいるのに認識できないということは充分あり得ると思います。

「焚き火を囲んで聴く神の物語・対話編」は「ねえ、こっちへ来てこの大きなゾウにふれてみないか」と呼びかけているようでもあります。そしてゾウの耳やら鼻やら尻尾やらについて、ゾウに詳しい、ゾウに魅せられた人たちが焚き火を囲んで、「象の鼻はね・・・」、「そこは尻尾でしょう・・・」、などなどと話し込んでいるようです。その誰もに共通しているのは夜明けを待ちわびていることかもしれません。

本を焚き火にくべることはあっても、焚き火が本になることは珍しいことです。興味を持たれた方はぜひ本を開いて小さな焚き火を始めてみてください。そうそう先輩が作詞をし僕が作曲をした「神の物語」と「夜明けの歌」の楽譜も収録されています。どうぞ焚き火のお供になさってください。

ちなみに曲はYoutubeで聴くことができますよ。気に入ったらCDもよろしく(汗)。

「神の物語」 → こちら

「夜明けの歌」 → こちら

「神の物語」英語バージョン → こちら




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



| | コメント (4)

2017年6月 4日 (日)

ノイズ撲滅週間

Img_4188

昨日は高槻福音自由教会のチャーチコンサートで歌いました。写真はコンサートを終えて乗った新幹線の米原あたりの夕景です。

昨日は教会に設置されているPAを使いましたが、サウンドチェックの時にギターの回線からノイズが発生していました。

最近僕はギターを普通のマイクではなく、ギターのピックアップを使ってライン出力をすることが多くなりました。ピックアップはナショナルのSlimlineのいうマグネットタイプのものです。昨日使ったリゾネーターギターはM1という最近中古で購入したものなので、おそらくジャックの汚れなども原因のひとつかなあと考えています。

昨日はコンサートの直前ですからなんとか応急処置をしたいと考えました。ノイズはジャックの金属部分に手が触れると軽減されたので、ジャックと弦までを針金のようなもので繋げば弦に手が触れている限りノイズは軽減されると考えました。

ちょうど良いものはないかと探したのですが、なかなか見つかりません。その時ある方がギターの弦を持ってきてくれました。「なるほど」です。早速その弦でジャックと弦を張っているテールピースをつないで効果があるかどうか試したところ、弦に手を触れるとノイズが軽減されました。

テールピースとはこんなものです。

41e7kkqayl_sy355_

こちらは昨日の実際の様子。テープはカメラ用のテープで剥がしても跡が残らずダメージもありません。弦が見えますか。

Img_4181

Img_4179

Img_4180

同じピックアップはもう一台のStyle-Oでも使っていますが、こちらはノイズが出ません。ひょっとすると真鍮のボディーなので弦とジャック間が通電していてノイズがないのかもしれません。今週はギターのピックアップノイズ撲滅週間となりそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

余裕と自由

_aa_2826

最近は夫婦で歌うことが多くなりました。僕たちが出会ったのが高校1年の時で、バンドのメンバーに入らないかと声をかけたのが始まりでした。その頃バンドを始めるにあたり、ピーターポールアンドマリーのマリーさんのような声の低いボーカリストを探していたのですが、奥様がぴったりだったというわけです。

そのバンドはMUSEというバンドで、オリジナルの「シャボン玉」という曲が東北放送の番組で取り上げられ、人気が上がりました。そして高一コースという月刊誌のグラビアに取り上げられたり、レコードデビューの話もあったのですが、結局デビューするということなく解散しました。

その後僕ともうひとりとで排泄物というものすごい名前のバンドを始めましたが、それも長くは続きませんでした。その後僕はソロ活動を始めて、1977年にレコードデビューをし、その翌年妻と結婚をしました。今年で結婚して39年ということになります。

妻とはずっと一緒に歌うことはありませんでしたが、ここ10数年ほど前に歌う機会があり、その後は二人で歌うことが増えてきました。最近では「北上夜曲」や「天にも地にも」など、二人の名前でCDも作っています。

妻は音楽好きな母の影響で歌が好きになったようです。以前は母と子供達でコーラスをするくらい、歌うことが好きな家族です。妻の姉は今もコーラスグループに所属していますし、妹はポップス全般に詳しい音楽オタク。弟はジャズが好きで自分でもピアノをたしなみます。母の中に響いていた音楽がこうして子供達の中に今も響き続けていることはすごいなあと思います。

僕は音楽を頭から発しているような面がありますが、妻は歌を歌としてシンプルに表現しているように思います。僕が頭からなら妻は心からでしょうか。

同じ「歌う」でも「楽器を弾く」でも人によって微妙にスタンスが違います。アンサンブルはそんな違いの響きあいなのかもしれません。僕らの社会も互いの違いを尊ぶアンサンブルであるはずなのですが、なかなか容易に響きあうことができません。

響きあうためにはそれぞれが自分自身を奏でられる余裕と自由が不可欠。自分自身を楽しめる余裕と自由が不可欠です。その余裕と自由を奪われないように、もっと獲得できるようにしたいですね。そうか、それは夫婦の間にも言えますね。妻に余裕と自由をですね(笑)

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

頭の中の仕分け

51ncclbhhll_sl1000_

昨日は今月からギンイロヒコーキレッスンでギターを受講される方がいらっしゃったので、レッスンのために資料の準備をしました。僕がレッスンをしているのはギンイロヒコーキと東京キリスト教大学の二カ所です。この二カ所のレッスンは多少内容も異なるので違うテキスト、課題曲を準備する必要があります。もちろん共通して使えるものもありますが、とにかくそれぞれのレッスンで使いやすいように整理しておかなければなりません。さらにギターだけではなくウクレレも教えているのでそれらは結構な分量となります。

以前は簡単なテキストを作ってレッスン開始時に渡していたのですが、実際にはそのテキストから飛び出してレッスンをすることが多く、一度に手渡すよりは受講者のニーズに合わせて適宜渡す方が良いと考えて、この春から基本的なテキストもバラバラに管理するようになりました。

その管理も以前はクリアファイルで分類していましたが、使っているうちにだんだんいい加減になってきて、資料が混在するわ、量がいたずらに増えるわという状態になってしまいました。そこでこの春からクリアファイルでの管理をやめて、はさみ込むだけで落ちない、リヒトラブスケジュール&仕分けファイルという製品を使うようになりました。ファイリングもポケットに入れるタイプだと出し入れが大変なのでこれは重宝しています。

Img_4176

Img_4177

Img_4178

ひとつのファイルに31種類の仕分けをして保管することができます(スケジュール管理もできるように31なのだと今気がつきました)。

で、昨日はギンイロヒコーキレッスンの仕分けをしていたのですが、僕の頭の中の仕分けが出来ていなくてなかなか進みませんでした。まあ試行錯誤しながら頭の方の仕分けが出来ていくということもありますが、やはり事前に頭の中の仕分けが必要なようです。便利を獲得するためには苦労も付いてくるんですねえ。一応ブルーががギンイロヒコーキでグリーンが東京基督教大学。ひょっとしたらギターとウクレレで分けたほうが良いのかもしれないのですが、そうするとどちらにも2冊持っていかないといけなくなる〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧