2017年9月20日 (水)

焚き火燃ゆ(12)

ここまで11回も連載してきた「焚き火燃ゆ」も今回で終わりにしたいと思います。フィナーレは全員集合ということでステージ上に所狭しと上がってもらいました。

20170908dscf0874

フィナーレの1曲目は昨年釜石へ行く時にお土産に作った「ありがと音頭」。この曲は僕の人生初めてのオリジナルお音頭です。日本人なら音頭でしょう、というくらい会場もひとつとなって楽しむことができました。

20170908dscf0892

フィナーレ2曲目、ライブの最後の曲は「FUJIYAMA」です。ちょっとラグタイム風なこれも「ありがとう」を歌った歌です。

曲の合間のMCでメンバーを紹介したのですが、万年君が僕の真後ろにいたことと、僕の脳がキャパを超え始めていたこともあり、万年君を紹介するのを忘れてしまいました。それを指摘され動揺している僕に、すかさず万年君からの「コラ!」という突っ込みが飛んできて、さすがあというレスキューをらい助かりました。時に僕のボケにはこれくらいの突っ込みが必要です。

本編が終わると熱いアンコールをもらったので、急遽「喜びの季節」を演る事にしました。これは譜面も全くなしでの強行です。まあコードふたつだからいいかあ、と思ったわけです。これまたそれぞれが流石のプレイを聴かせてくれて、後半でのソロ回しはなかなか圧巻でした。

20170908dscf0903

20170908dscf0900

20170908dscf0911

20170908dscf0897

20170908dscf0922

そしてもう1曲は「GOD BLESS YOU」。これは由美子さんとの夫婦バージョンで歌いました。

20170908dsc_0276

たくさんの仲間に囲まれながら、僕と由美子さんという、ふたりであることができる。次は僕が生きていれば45周年だそうですので、それに向けてどんな風を感じながら音楽生活をしていくのかが楽しみです。

今回のライブは全て映像になっています。可能ならば記録映像として、ライブに来られなかった方々、あるいはライブの記憶を残しておきたいという方々へお分けできるようにしていけたらと願っています。もう少し具体的になったらお知らせします。

20170908dscf0748

ここで改めてメンバー紹介です。

西原悟さん、高橋和義先生。

20170908dscf0749

万年諭さん、市原康さん。

20170908dscf0750

おにぎりまこと、谷源昌さん。

20170908dscf0751

岩渕由美子さん。

20170908dscf0757

今回は12回にわたる「焚き火燃ゆ」にお付き合いくださりありがとうございました。今僕の頭の中は仙台のライブになっています。

20170908dscf0762_2

仙台では旧友のミュージシャンたちが集結してくれます。僕の音楽のルーツが暴かれる(大げさか)ライブ。また予定外の乱入者情報も出てきているのでどうぞみなさんお出かけください。仙台はどんな焚き火になるのかが楽しみです。

20170908dsc_0277

20170908dsc_0278





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

東京に続く第2弾は29日(金)仙台です。

チケットは発行しておりませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み
いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくだ
さい。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

聴きにいってやろうか、という方は是非事前にご予約を願いします。

20170724img_4093

400929sendai

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

次は20周年を

昨日は毎年1回ではありますが、10年も続いている「歌声ペトラ古河」が開催されました。会場はおなじみの古河キリスト教会です。みなさんが教会を上げて準備をしてくださり、僕たちを迎えてくださいます。このみなさんの支えあってこそ継続できている古河での歌声ペトラです。教会のみなさんに心から感謝いたします。

今回は10周年ということで、古河教会の聖歌隊のみなさんも歌声ペトラの曲を歌ってくださいました。その歌声を聴きながら僕は、「やっぱり歌声ペトラの曲は聖歌隊に合うなあ〜」と思いました。実は何年か前から「歌声ペトラ合唱団」みたいなことを始めたいなあという願いを持ってはいますが、実現できそうな感じはしていませんでした。しかし昨年から合唱用にアレンジされた歌声ペトラの曲を、合唱で歌うということが実現し始めています。昨日も古河教会の聖歌隊の歌声を聴きながら、そんな夢がまたひとつ実現しているように感じました。

ところで古河教会の周囲にはまだまだ畑や田んぼが残っています。昼食をいただいた腹ごなしに教会の近所で写真を撮ってきました。今回持参したカメラばFUJIFILMのX30です。コンパクトで軽くて雰囲気もあって良いカメラだと思います。

まずはキャベツ畑。

20170902dscf4016
FUJIFILM X30

次に低い視線でのキャベツ畑。

20170902dscf4014
FUJIFILM X30

次は葉脈くっきり。

20170902dscf4011
FUJIFILM X30

そしてたわわに実った稲。

20170902dscf4024
FUJIFILM X30

そして最後は10周年のお祝いに教会の皆さんが用意してくださったケーキ。
美味しかったあ。

20170902dscf4031_2
FUJIFILM X30

「次は20周年を目指しましょうね」との激励のことばをいただいて古河を後にしました。本当にできたら良いですね。その時には次世代、次次世代も一緒に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み

いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

東京は満席となりました。

仙台の方はまだまだ席がありますが、席に限りがありますので、
ぜひ事前に予約をお願いします。

20170725_91925


| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

五色沼パートツー

今日は五色沼の写真に戻ります。撮影した写真を後で眺めるのは楽しいものですが、どのカットも撮ったからには何がしかの撮った理由があります。

20170826dscf0623
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

この写真も手前の水が湧き水に見えてシャッターを押しました。その先の静かな水面との対比に心惹かれたからでしょう。撮った後に数メートル歩いてみたら、これは湧き水ではなく他の沼からの流入口であることがわかりました。

また沼の中にちょっと変わったものを見つけると撮りたくなります。何か語りかけるものがあるという感じでしょうか。

20170826dscf0660_2
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

この木は根が付いているようで葉っぱが出ています。このカットは僕が得意の露出アンダーですし、ピントが手前の草に結んでいて撮りたいものはピンボケです。どうも水平も怪しいですね。この木は最初に撮った方がピントが合っていますが、構図が中途半端ですねえ。

20170826dscf0659_3
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

これも何かを感じて撮ったのですが、見ていると何だかわびしくなります。髪の毛?

20170826dscf0662
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

これまた手前の葉っぱがいらなかったなあ。

20170826dscf0680
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

また水を撮り始めました。本当に水は好きみたいです。

他にももシャッタースピードを変えながら撮りましたが、最後の1枚が水の冷んやり感や気持ち良さげなマイナスイオン感が出ているなと思います。

20170826dscf0689
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

実はFUJIFILMのサイトに僕の撮った写真が掲載されているのですが、その中の1枚も水です。犬の散歩ちゅうに近所の用水路で撮ったものです(汗)。⇨ FUJIFILM

20170826dscf0692
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

ここは瑠璃沼です。背景に磐梯山も望めるこの沼は五色沼のイメージに一番近い沼かと思います。

そして次は青沼です。

20170826dscf0706
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

反対側から歩いてきたグループが「ウワー!青い」と声をあげていました。僕たちは一番大きな毘沙門沼から歩き始めたのですが、コースの反対側の柳沼から歩いた方がわくわく感が強くなると思います。これから行かれる方は柳沼スタートがお薦めです。ちなみに周回コースではないので帰りは歩いて戻ることもできますが、バスで戻ることもできます。ちょっと高い(250円)ですがこれもお薦めです。

ちょっとした違いですが、このカットも綺麗です。

20170826dscf0707
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

この沼も美しいですねえ。

20170826dscf0709
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

20170826dscf0710
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

20170826dscf0711
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

また水です。16カットも撮っていました(笑)。

20170826dscf0714
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

20170826dscf0718
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

もはや何沼かわかりません。

20170826dscf0730
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

あれ!なんと最後の柳沼を撮っていません。特に普通だったからか「ああ〜休める!」と休憩所に一目散だったからか・・・。

そして最後はこんなものすごいバイク発見。引っ張っているのはベッドルームのようです。

20170826dscf0734

このバイクの主は、僕とは全く違う人生を生きていらっしゃるんだなあと、勝手にこの方の人生を妄想しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み

いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

東京は満席となりました。

仙台の方はまだまだ席があります。ぜひ事前に予約をお願いします。

20170725_91925











| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

夕暮れ時は贅沢な時間

五色沼の続きの前に諸藤近代美術館と桧原湖畔の写真です。

20170825dscf0509
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

諸藤近代美術館の庭からの磐梯山です。

20170825dscf0510
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

美術館の庭には美しい池があります。睡蓮が少し咲いていました。ふとモネと倉敷の大原美術館を思い出しました。

20170825dscf0505
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

肝心の美術館の建物をちゃんと写していませんでした。トホホですよね。

20170825dscf0517
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

そして水は撮っている。記念写真は妻でもほとんど撮らない変人。

20170825dscf0549
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

ホテルの庭からの檜原湖。

20170825dscf0555
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

桟橋の写真は好きです。夕方はホワイトバランスをなんとかのひとつおぼえで蛍光灯にします。

20170825dscf0558
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

檜原湖はかなり大きいですねえ。

20170825dscf0577
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

こういう写真も好きです。

20170825dscf0578
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

微妙に桟橋に見えないなあ。もっとちゃんとイメージを描いて撮りたいものですねえ。

20170825dscf0560

生活の中で夕暮時は贅沢な時間だと思っています。平和に1日を過ごせたからこその夕暮れの美しさです。

五色沼の続きは明日にします。朝っぱらから夕暮れ時の写真ばかりで失礼しました。今日も美しい夕暮れを味わえるような1日にしなくちゃ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み

いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

東京は満席となりました。

仙台の方はまだまだ席があります。ぜひ事前に予約をお願いします。

20170725_91925


| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

五色沼

今回のプチ夏休みの計画は裏磐梯のサルバドール・ダリの作品が展示されている「諸橋近代美術館に行ってみようか」から始まりました。裏磐梯ならば仙台の帰りに立ち寄れるしこりゃあいいやと思ったわけです。僕は美術館の他、磐梯吾妻スカイラインを通って吾妻小富士を近くで見たいのと、温泉でのんびりしたいということでした。妻は五色沼散策と白河にあるアウシュヴィッツ平和博物館への立ち寄りでした。

妻にとって五色沼は子供の頃に来て印象深かった特別な場所のようで、とても楽しみにしていました。しかし当日は朝からの雨でなので、散策路を歩けない時には一番大きな毘沙門沼を見て帰路につくことにしていました。しかし天気が少しずつ回復してきて結局妻の願い通りに散策路を歩いて五色沼をフルに楽しむことができました。散策路といってもトレッキングロードなのでそれなりに起伏がありますし、雨の影響でぬかるんでいるところもありましたが約2時間ほどかけてゴールすることができました。

僕は久しぶりの写真を撮る機会だったのでそれも楽しませてもらいました。今日はその写真の中からいくつかをアップします。まずは毘沙門沼からです。

20170826dscf0590
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

上の写真はよく見ると蔦の輪っかの中にボートが入っています。撮影時にこれに気がついていればもう少し意識して取れたのに残念です。

20170826dscf0592
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

このボート達と沼は不思議な感じがしたので、露出オーバー気味に撮ってみました。

20170826dscf0600
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

こちらはよく見ると蜂がとまっています。僕はこういう写真が好きです。

20170826dscf0610
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

定番の構図。

20170826dscf0613
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

湖面にカメラを向けていたら突然登場。少し驚きました。体長70センチはありましたね。

20170826dscf0621
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

定番その2。山の存在感をもう少し出せれば良いのですが難しいですね。

20170826dscf0626
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

こちらは赤沼です。周囲が赤い感じなのでそう呼ぶのかなあ。

20170826dscf0631
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

道端。今回は水との出会いが多いので何度もシャッタースピードを遅くして遊びました。

20170826dscf0636
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

こういう写真も好きです。

20170826dscf0637
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

いっそのことこれぐらい豪快にフレアが出ているのも好き。

20170826dscf0643
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

はい、また水です。手持ちなので微妙ですね。

20170826dscf0650
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

この位置で何枚か撮りましたが、概してファーストショットが良いものです。でこれはファーストショット。ここは弁天沼だと思います。

20170826dscf0666
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

こういう写真も好きです。

20170826dscf0671
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

とうことで今日は弁天沼までで、明日に続くです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み

いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

東京は満席となりました。

仙台の方はまだまだ席があります。ぜひ事前に予約をお願いします。

20170725_91925

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

日常が立体的に

1週間ほど前にプライベートの予定があって秋葉原へ出かけました。前日から明日はカメラを持っていくぞ!と心に決めて、電池の充電など下準備をしてでかけました。その時の僕の撮影プランは、1〜2時間秋葉原駅から浅草橋方面の路地裏を撮ろうというものでした。現在僕はFUJIFILMのX30というコンパクトカメラとX-T1というミラーレス一眼の2台を持っています。今回はせっかくなのでX-T1の方を持ち出すことにしました。

当日は予定の時間にかなり余裕を持って秋葉原へ到着しましたが、駅に降りたところ酷い蒸し暑さでした。雲っていたので直射日光は遮られていましたが、無風状態でまるで低音サウナです。僕は改札を出て神田川の方へ向かいました。ひとまず橋の上から1枚撮ろうと思ったわけです。金曜日ということもあり川沿いの水上バス乗り場の辺りには大勢の人がたむろしていました。さすがに金曜だと思いながらそこまで行ってみるとそこは喫煙場所で、タバコを吸わない僕は息を止めながらそこを通過しました。以前はヘビースモーカーだった僕ですが、今ではタバコの煙が辛く感じます。人って変われば変わるものだし勝手なものだと思います。

20170728dscf0436
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

橋の上から撮った写真がこのカットです。この場所で2回だけシャッターを押して僕は、この橋のたもとにある、にっしんカメラというお店に入りました。そこはクーラーが効いていて火照った僕の身体には最高のご馳走でした。

このお店には中古カメラとレンズが置いてあるので、一応FUJIFILM関係を物色。以前カメラ沼、レンズ沼にはまっていた頃は下手をすると買ってしまう危険がありましたが、今は沼から脱出しているので冷静沈着に眺めては楽しませてもらいました。しかもクーラーが効いていることもあり離れがたかったのですが、そんなに大きい店舗ではないので3週も店内を回ればさすがに出るしかなくなります。クーラーの効いた店内から踏みだした街頭はさっきより蒸し暑く感じられました。

まだまだ時間はたっぷりあるので、僕は浅草橋方面に歩いてみることにしました。正直に言うと、この時点でもう歩くのはやめてコーヒーショップで本でも読むか、という気持ちが起こってきていましたが、やっぱりもう少し頑張ってみることにしました。2件のコーヒーショップを通過したらほぼお店というものがなくなってきました。カメラを向けたくなるようなポイントもなく、ただひたすら汗だくで前進あるのみ。その内たまりかねてコンビニへ逃げ込み、店員さんの「いらっしゃいませ」の声に少し首を縮めながら店内を一周して外へ。今度は歩く向きを90度左へ変えて、大雑把に言うと上野方面へ歩き出し、もう一度神田川を渡りました。とにかく汗が噴き出してきます。もう撮影どころかサバイバルになってきました。ここまでくるとコーヒーショップなどは見当たらず涼みに入れそうなお店もありません。

しばらく歩くとスーパーマーケットのイートインで休んでいる人を発見しました。僕は「これだ!」と思い店内へ。120円くらいのカフェラテを買ってイートインコーナーの椅子に座りました。にっしんカメラほどクーラーは効いていませんでしたが、汗を引かせるためには充分な涼しさ。そこで30分ほど時間をつぶすと予定の時間が近づいてきました。そこも名残惜しかったのですが、僕はスーパーを後にして汗をかかないようにゆっくりと足を動かしながら目的の場所に向かいました。

秋葉原の改札を出てからわずか1キロ程度のカメラ散歩でしたが、結局は汗だく散歩。それでもその時のことを思い出すとこれだけの文字にできる小旅行ができました。ちょっとしたことで日常が立体的になるものなんだなと改めて思いながら、一役買ってくれたカメラにも、蒸し暑さにもありがとうをということになるでしょうか。でももうこの散歩はしたくない。くじけた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビュー40周年記念ライブのお知らせです。

両日ともにチケットはありませんので、事前にMAKOTO BOXへお申し込み
いただければ席をご用意します。当日入り口でお名前をおっしゃってくださ
い。

MAKOTO BOX Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp

20170725_91925

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

オタクちゃん

Img_4264
FUJIFILM X30

4泊5日の滋賀県での予定も今日で最終日となります。昨日まで3回のコンサートと2回のサプライズミニコンサートがありました。それぞれに出会いがありドラマがありました。僕はといえばコンサートが連続するからこそできる、スライドバーの内径調整や、ギターのプリアンプのEQ調整をすることができました。また1日だけ夕方からフリーだったので、妻と町をぶらぶらして美味しいお店を発見することもできました。

Img_4263
FUJIFILM X30 街角で見かけた看板。自転車はプラモなのかなあ。

滋賀県は日本史に残る歴史の宝庫です。あちらこちらに名所旧跡があるのですが、歴史が得意ではない僕には宝の持ち腐れみたいでもったいない感じがします。また多くの企業家を生み出している土地でもあるんですね。そんな滋賀の歴史と人について調べたら面白そうです。

でも僕にとって一番大きなインパクトはびわ湖でした。間近でこの大きな湖を見ていたら自然回帰願望みたいな気持ちが起こってきました。今や(これまでずっとかな)自宅は仕事場的ですし、普段の暮らしは仕事とプライベートの区別がありません。まあアーティスト系の方々は皆さんそうなのだと思いますが・・・。でもびわ湖を眺めていたら、なぜか自分が湖畔で焚き火を焚いている絵が見えてきました。そして浜に寄せる波の音に心を寄せながら、1杯の熱いコーヒーを楽しんでいる・・・。まるでコーヒーかハムのCMみたいなベタな光景ですが、普段の僕はそんなことは考えないので自分的には面白いことです。普段の僕は音楽関係のことを掘り返してみたり、気になった本を読んでいるオタクちゃんなのです。いつの間にか狭い場所に座り込んでいたのかもしれないなと思いました。

というわけで、びわ湖のおかげで頭の凝りに気がつきました。家の近くにはキャンパーが憧れるような有名なスポットもあるようです。その昔BE-PALなんかを愛読していた男なのですから、せめてポットにコーヒーを入れ、妻を誘って清流にでも出かけましょうかね。・・・という夢を見た、にならないことを願いつつ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

僕はこんなんが好きですねん

昨日は大津のホテルから撮った夕方から夜の琵琶湖の写真をアップしましたが、今朝は明け方の写真をアップします。昨日は午前中から歌う予定だったので意識的に早起きをして、窓のカーテンを開けたとたんに朝が飛び込んできたので、思わずカメラを手に取ったというわけです。

Img_4255

昨日撮りながらわかったのは、朝は朝色に撮らなければ朝には見えないということです。実はあまり朝の風景を撮ったことがなかったので改めてそう思ったわけです。どうやって朝色にするか、夕方色にするかというとホワイトバランスなわけです。僕は単純に夕方色にするときには蛍光灯を選びます。朝色は普通のオートか太陽光か日陰での色合いをチェックしながら気に入った色合いを選びます。それにしても見て選べるところがデジタルカメラならではですね。

ところでホワイトバランスを蛍光灯にすると赤みがかった色になるのですが、さらに気がついたのは、朝焼けということばもあるくらいですから朝か夕方かの違いは単純に赤ではないみたいですね。で僕が思ったのはひょっとすると空の青かもしれないな、ということです。次の写真は同じ設定でほぼ同じタイミングで撮っていますがなんとなく夕方にも見えます。最初の写真とアングルの違いはありますが、空の印象が大分違っていると気がつきました。

Img_4258

まあ素人の写真談義はこれくらいにしましょう。昨日は今日から滞在する守山からコンサートをした、びわこ会館まで車で迎えに来ていただきました。荷物の多い旅人にとってはありがたいことです。車はびわ湖の西側を北上しびわ湖大橋経由で守山へと向かいました。途中近隣の町のことなどいろいろと教えていただきましたが初めて聴くことばかりでとても興味深かったです。

そして今朝は写真のこのあたりの守山にいます。

Img_4249

この写真も夕方に見えますね(汗)。

今日の予定は守山駅前のライズヴィル都賀山で11時半からランチをいただきながらのコンサート。明日はびわ湖の北へ移動して長浜市の木之本キリスト教会で14時から。18日の日曜日はびわこシャロームチャペルで礼拝と午後14時からのコンサートです。
実は滋賀県で歌う機会って意外と少ないんです。ぜひ皆様お出かけください。

最後にもう一枚、僕はこんなんが好きですねん(エセ関西弁ですみません)。

Img_4252



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

楽器の名前の湖

今日は午前10時から大津福音教会主催のランチョンで歌います。大津へは昨日の夕方前乗りでやってきたので、ホテルへのチェックイン後は少しのんびりすることができました。その後少し早めの夕食をいただきましたが、琵琶湖を眺めながらの食事は味も時間もリッチでした。夕食を終えてから会場入りして今日のためのサウンドチェックでしたが、それもスムーズに終えることができました。

今回の旅には珍しくカメラをお供に持ってきました。機種は荷物が多いのでコンパクトカメラのFUJIFILM X-30にしました。

久しぶりに撮った1枚はチェックイン直後の部屋からの眺めです。

Img_4226
FUJIFILM X-30

Img_4224
FUJIFILM X-30

Img_4222
FUJIFILM X-30

そして次はサウンドチェックを終えて戻った部屋の明かりを消して撮りました。30秒近い露光でした。

Img_4211
FUJIFILM X-30

これは無理やり望遠側で撮った琵琶湖大橋方面です。橋の灯りが遠くにかすかに見えています。

Img_4214_2
FUJIFILM X-30

それにしても楽器の名前の湖なんて日本の宝ですよねえ。この辺に住んでみたいかも・・・、と思いました。まずは妻と一緒にドライブでもしてみたいですねえ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

いっぽいっぽ少しずつ

20170508dscf3893
FUJIFILM X30

先日知り合いとの会話の中で、僕が言われて少し不安になったことばを紹介しました。それはある方が僕のことを気にかけてくださっていたということを、知り合いが僕に伝えてくれたことばでした。そのことばは「岩渕さんは若いうちは良いけれども歳をとったらどうやって生きていくんだろう」ということばです。

僕はもともと将来のことを考えられないと言いますか、将来に関して能天気なのかもしれません。いや本当は以前ブログにも書いたことがありますが、もともと初めから何かを諦めているのかもしれないという諦め癖です。これは自分が育った環境からの影響や、その後の生き方から得たものかもしれません。以前のブログではその諦めグセが少し改善されて、少しは諦めなくなったということを書きました。

昨日は自転車で往復20キロを走ってきました。途中公園のベンチで休憩をしながら、久しぶりにバックに入れたカメラを取り出して少しだけシャッターを切りました。

20170508dscf3891
FUJIFILM X30

昨日は自転車に乗ること以外に、今月の歌声ペトラの作曲をしたり、その基本のオケや譜面を作ったり、その他ちょっとしたネット関係の整備をしたり、また週末のライブのリハなどなどをしていましたが、それが僕の1日のお給料となるわけではありません。お金ということに関しては無収入な1日なわけです。お金というものが与えられる日と与えられない日とがきっぱり分かれているのが僕の暮らしです。そう考えると今までこうして生活させてもらったことは奇跡のようですし、その中でもそんな僕と一緒に歩んできてくれた妻が1番の奇跡かもしれません。

20170508dscf3898
FUJIFILM X30

どうしてこんなことを書いたのかというと、昨日公園のベンチで休憩をしながら、天からの報酬が降っているなあと感じたからです。この天からの報酬というのは他に良い表現が見つからないのですが、人知を超えた存在からの恵ということです。

20170508dscf3892
FUJIFILM X30

僕はクリスチャンですのでこの世界を作られた神を信じています。でも普段の生き方はというと、目先のこと、そして自分の満足のために生きている者です。神を信じているのですが、本当に神を信じて生きてゆきたいと、ベンチで思いました。それは謙遜のなんたるかを学ぶことなのかもしれません。

そう人はいくつになっても新しくされなければいけませんね。いっぽいっぽ少しずつ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1705

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Boogie | ウクレレ | ギター | コンサート情報 | 写真 | | 日記 | 音楽