2018年2月20日 (火)

霧吹き冷却

Img_4804

長く使わずにケースに入れているギターの様子が気になってひとつずつチェックをしましたが、特に問題はないようでした。どうしてそんなことをしたのかというと、今後しばらくはトンプソンのT-1をメインに使うことにしたので、リゾネーター2本をケースにしまおうと思ったからです。

そしてふと仕事部屋の景色を変えたくなってギブソンの335とTGWのストラトキャスターをケースから出して並べました。これは近々エレクトリックも使おうというわけではなく、あくまで部屋の景色を変えるためです。まあそのうちチューニングをしてポロポロ弾くんだろうなとは思っていますが。

さてどうしてトンプソンのT-1に落ち着いたのかといえばまずは妻に「たまにはアコギの音を聴きたい」と言われたことがきっかけなのかもしれません。妻は何かに熱くなっている僕にバケツで水をかけるようなことはしませんが、霧吹きのように徐々に冷却するようなところがあります。そして僕は「そうか、アコギの音ねアコギの・・・」とインプットされたことばをどこかに持ち続けるようになります。

トンプソンのT-1に落ち着いたもうひとつの流れは、ふと、オープンGのチューニングを下げてオープンFとでも言えば良いのかの、自己流チューニングにしてみようかと思いついたことです。

チューニングを下げてみようという僕の発想の原点はFのキーを弾きやすくしたいということでした。そしてこれまではオープンGで弾いてきた曲は2カポで弾けばそのままでいけると考えたわけです。ところが僕の持っているリゾネーターギターは12フレットジョイントなので、2カポでこれまでと同じに弾くためには14フレットジョイントの楽器が望ましいわけです。

そこでトンプソンのT-1が14フレットジョイントなので、これで試してみようということになりチューニングを下げて弾いていたわけです。そうしたら妻が「いいねえ〜」と言うじゃあありませんか。ここでお互いの利害?が一致してしまったわけです(笑)。

その後もあれやこれや試行錯誤をしていましたが。結局ギターはT-1でチューニングはオープンGに戻して弾くというところに落ち着きました。

最近リゾネーターギターやオープンチューニングでネット検索をかけると自分のブログがヒットすることがあり、戸惑というか困ってしまうことがあります。そして僕が書いていることは全て途中経過なので、皆さんに不確かな情報を撒き散らしている可能性があるなあと少し気にもなっていますが、弾きたいギターを弾きたいように弾くということで許してつかあさい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda



| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

レッスン探し

僕がギターを初めて教えたのが20歳前後の仙台でのことで、当時新しく開講したヤマハのフォークギター教室の講師のひとりに迎えられました。当時ギターを教える先生のほとんどはクラシックギターの先生でしたので、フォークシンガーとして活動をしていた僕に依頼をしてみようということになったのだと思います。当時その教室は大人気で50人を超える受講者がいたと記憶しています。

その後教えることからは長いこと離れていましたが、10数年前からまた教え始めるようになりました。僕のギター演奏や音楽の知識は自己流&独学で身につけてきたものです。恐れを知らない若い時にはそれでも平気で教えていましたが、ひと通りの経験を経てから教え始めた時には、教えることが重荷に感じることも少なくありませんでした。

それは何を教えれば良いのか、どういう手順で教えるのが良いのか、どこを目指せば良いのか、などなど考え始めたらキリのないことばかりが続くからです。それでも自分なりに考え、準備をしてこれまでレッスンに取り組んできたわけですが、ここにきて良い意味でお手上げという感じになっています。

良い意味でというのは、もう策によっては教えられないということがわかり始めたからです。僕には僕しか教えられないということです。これはちょっと変な言い方ですが、自分にできないことは自分には教えられないということがやっとわかったということです。裏を返せばこれまでは自分にできないことも教えようと頑張っていたと言えるでしょう。

これは一時ブームになった自分探しに似ているようで可笑しくなります。自分探しは自分を探すために旅に出るのですが、肝心の自分は置き去りにしているみたいな(違っていたらすみません)感じがします。もともと自分は探さなくてもそこにいるわけですからね。それが自分として喜んで受け入れられる自分かどうかは別問題ですが(汗)。

僕もこれと似ていて、教えているのは自分だということを忘れて、レッスン探し、レッスン講師探しの旅に出ていたのかもしれません。ここにきてやっとそれに気がついたというわけです。これからは良い意味で、気軽に楽しくレッスンに取り組めそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

リゾネーター高気圧

20180213dscf2454
FUJIFILM X30

おとといくらいから何故か脱力しています。脱力と言っても何もするがしないというのではなく、妙に熱くなってはいないということなので、普通に言えば『普通』ということです(汗)。ここしばらく吹き荒れていたリゾネーター高気圧(嵐だから低気圧が?)が通り過ぎて行ったような感じがしています。ここまで読んだ妻の「やっぱり飽きたな!」という呆れ顔が頭に浮かんできますが、別に飽きたわけではありません。

今はリゾネーターギターをアコースティックギターに変えていろいろと探っています。その中でわかってきたことは、楽器はリゾネーターギターじゃなくても良いし、曲によってはスライドバーを使わないのもありだとも思いますが、オープンチューニングからノーマルチューニングに戻す気持ちにはなれません。かえってもっと弾きこなしたいという思いが強くなっています。

ところでオープンチューニング(僕の場合はオープンG)は6弦のうち5本が音階の音程でいうところの1度と5度です。1本だけ3度(2弦)に合わせますが、この3度を平均律に合わせるのか、はたまた純正律方向に合わせるのかが微妙なところなんです。僕的には純正律の方が気持ちが良いのですが、G以外のキーに対応するとなるとどこかで不具合が出てきます。

スライドで弾く場合は音程の微調整が可能ですが、フレットを押さえる場合には微調整することができません。この辺のことは弾きながら落とし所を見つけていくしかないのだと思いますが、まだまだ先があるなあと思います。

あれ!全然脱力してないんじゃないの。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

20年前に始めろ!

ここ数日間、市販のカポタストを自分が必要としているカポタストにするために削る作業をしていましたが、最終段階に近づいてきたら削っていた棒状の金属が削っていない方向に少し湾曲していることに気がつきました。

Img_0216

そのことを昨日のブログに書いたのですが、何人かの方が湾曲してしまう理由や修正方法を教えてもらいました。それによると金属やプラスチックを削るときには両側から削らないと湾曲してしまうとのことです。そして湾曲してしまった場合には焼くと元に戻る可能性があることも知りました。さらにこのような湾曲してしまった状態のことを鈍るといい、焼いて修正することを焼きを入れるということも知りました。

鈍るに関しては「腕が鈍った」となどどいう使いかたをしますし、焼きを入れるの方は少し物騒な場面で登場することばであることは知っています。しかしこれが金属の状態に関することばであることは初めて知りました。ここまで生きてきて語源を知らなかったなあ〜という、感慨に近いものすら感じています(笑)。

ところで肝心のカポタストの方ですが、一生懸命削るというのは僕のできる仕事の範疇ですし似合ってもいるのですが、焼きを入れるとなるとちょっとお手上げ感があります。自分的にはこの先の作業はそのための機材や知識がないと無理なような感じがしますし、何かよくないことが起こるような不吉な予感もしますし、この先の作業に関しては逃げ腰というか放棄することにしました。

その上で自分なりに試しているのが弦のゲージを上げることです。これまではミディアムライトとミディアムをミックスさせて張っていたのですが、少しテンションが上がるようにミディアムゲージだけにしてみました。結果少し弦全体のテンションが上がり、スライドバーの使い方によってはほぼ問題なく演奏ができるかなという状態になりました。スライドバーの使い方というのは脱力です。それはバーを極力弦に触れるだけにして弦を押さないということです。

頭で弾いている分にはできるのですが、指先がそれをマスターするのには時間がかかりそうです。特に咄嗟の時に力が入ってしまわないように指がマスターしてくれるのには失敗も服めて経験が必要になりそうです、ってせめて20年前に始めろ!ですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

お疲れ様な性格

Img_4795

昨日も例のカポタストを都合2時間以上削りました。下の写真の左側にちょうど収まる太さのものを、右の横断面が三日月型になるまで削ったというわけです。我ながら病的にしつこいやつだなと思います(汗)。

Img_4797

その結果僕がイメージしていたくらいの太さにかなり近いところまでいったのですが、薄くしてしまった影響でその部分が少し湾曲し始めてしまいました。

Img_0216_2

もともとRをつけたかったので、その方向に湾曲してくれたのならば良かったのですが、湾曲は逆方向なんです(涙)。

削るときには時々ギターのフレットに実際に当てながら削り具合を見てきましたが、次第に削った角の部分がどうしても荒く鋭角になってしまい、そのうちきっとフィンガーボードを傷つけること間違いなしであることがわかってきました。

それはたとえ理想の厚みに削ることができたとしても、カポタストを付けるたびにフィンガーボードを傷つけないように神経を使うことになるということでもあります。というわけで昨日、カポタスト削りはこの辺でやめた方が良いという結論に達しました。

実は削り始めてから、なんとなくこんな結末になってしまうのではないかという思いがあったのですが、後悔はしていません。というのも自分的には「削ったらひょっとしたら使えるカポになるかもしれない」と思いながら放置しておくという中途半端感よりは、「これは無理だった」という結末にたどり着いた方が気持ちもスッキリできて次に進みやすいからです。

というように僕は大変お疲れ様な性格なわけですが、この性格のおかげもあってここまで自己流でやってこれたのだと思います。でも我ながらちょっと疲れました(笑)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

カポタスト削り(2)

昨日は1時間半ほどカポタスト削りを頑張りました。一応ダイヤモンドヤスリを手に入れて作業をしたのですが、あともう少しというところまではいきましたが完成には至りませんでした。

Img_4793

Img_4794

正直ちょっと嫌になっちゃいそうな気持ちでもあるのですが、ここまで都合2時間半は頑張って削ってきたのですから、もう一踏ん張りやるっきゃないですね。

Img_0215

このカポタストはそもそも変わったカポタストで、リゾネーターギター用に弦高を上げる仕組みになっています。その構造はフレットの上にU字型の金属だけの部分を乗せてかさ上げし、ゴムの付いている方をフレットよりサドル側で弦を押さえ込むというものです。本体から離れている部品はしっかりかさ上げする時のアダプターで、僕が削っているのはU字型の金属だけのところです。

これからの作業の難しいところはフレットに乗せる部分のカポタストはストレートなのですが、ギターのフレットにはRがついているというところです。少しでもRを意識して削っていくしかないのですが、1番削ることになる中央部分は果たして強度的に大丈夫なのだろうかと先回りして心配してしまいます。まあやってみなきゃわからないのですがね。

ひとまず道具作りは今日で終わりにしたいので頑張ってみます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

明日を希望できる国

Img_4792

平昌オリンピックに関連して朝鮮半島でいろいろと動きが出ています。これが平和を生み出す方向にいってくれたら嬉しいのですが、それぞれの国が存亡をかけてかけひきをしているのですから事は簡単ではないでしょう。

そもそも朝鮮半島問題に落としどころというものがあるのだろうかと思いますし、米国抜きで事が進むことを米国が許しはしないでしょう。

笑顔外交と言われる美女軍団は指令を受けて笑顔を振りまいているのですから、彼女らの外交は同日行われた平壌での軍事パレードと表裏一体です。

僕はオリンピックが閉会後が不安です。それは日々伝えられる出来事のひとつひとつが外交交渉の最終段階のように思えるからです。

オリンピック閉会後にはお互い後には引けないところに何歩も近づくように思います。事が起きれば僕たちも無関係ではいられません。まさかこの自分が核爆弾で命を落とすなんて・・・という事態もあり得るわけですからね。

そんなことを思いながら今日僕はブログを書き、カポタストを自分用に削ります。初めて使うゲージの弦も試してみます。そしてコンサートのために少しでも身体を整え、日差しがあたたかければ川へ出てフライを投げたい。今年の春はこれをしよう、夏はあれをしたいと妻と計画を立て、子供と孫たちのために祈る・・・。

北朝鮮も韓国も日本もアメリカもお国にはお国の事情があるでしょうが、そこには多くの人々の暮らしがあります。そしてその人たちはお国のために生まれてきたわけではありません。お国の方が人々の暮らしを面倒見ますからと公約してお国になっているわけですからね。ですからとにかく明日を希望できる国であってほしいのです。僕たちにできることは日々の暮らしを大切にして生きていくことだけなのですから。

さあ金属用のヤスリでカポタストを削るぞ!。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda


| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

カポタストを削り始めた

Img_4790

先日手に入れたカポタスト、Slide Converterですが、僕が必要としている弦高よりも高くなってしまうので、考えた結果自分用にフィットさせるために削ることにしました。ひとまず手持ちのヤスリや紙ヤスリでトライしてみましたが、材質が硬くて1時間削ってみても思うようには削れませんでした。

Img_4791

こうして拡大してみるとっそれなりに削れてはいるようです。写真のスリットの部分がフレットに乗っかるところなのですが、僕のフレットの幅がこれよりも広いので、この溝をフレットに合うように削りたいわけです。

というわけで昨日金属用のヤスリを注文しました。明日時間があるので削る予定にしていますが、使えるカポタストになるかどうかは予測がつきません。自分のイメージするカポになったら嬉しいんですが。

最近知ったのですが、那智勝浦に濱口祐自さんというギタープレーヤーがいます。演奏のみならずキャラ込みですごい人だなあと思います。そんな彼は高価なギターを使っているわけではなく、手頃なギターを気にいるまで自分で改良して使っているそうです。YouTubeにアップされている彼の動画を観ていると、濱口さんの音楽はほぼ生き方だなあと驚いてしまいます。

今回カポタストを自分で削り始めたのは、濱口さんの影響もあるのかなあ(笑)。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (2)

2018年2月 6日 (火)

スライドバーの相性も変わる

昨日のブログに今取り組んでいるチューニングの名前をスラッキーオープンGとしましたが、これだと出音がGのようなイメージがするので、スラッキーオープンFの方が良いのかなあ〜などとまあまあどうでも良いことを考えていました。

もともとスラッキーギターといえばハワイなのですが、各家庭にそれぞれにチューニングがあったなんていうほど自分好みのチューニングをして楽しんでいたようです。僕がスラッキーオープンFと命名しようとしているチューニングの名前が分かる方は教えて下さい。ちなみに6弦から1弦に向かって、C、F、C、F、A、C、です。

さて一昨日はカポタストのことを書きましたが、あれはアコギとの相性ですし、もっと言えば僕のトンプソンT1との相性ですので、気になる方はそれぞれでカポによる音色の違いを検証されるのが良いと思います。

Img_4789

アコギで弾く場合の相性はスライドバーにもあります。Style-OやM1の時にはちょっと違うかなあ、と感じていたスライドバーがアコギでは良い感じだったりするわけです。そしてなかなか良いなと思うのがなんと先日自作して初めてうまくできたスライドバーなんです。写真の左から2番目です。その左のガラス瓶タイプのものや右端のブラス製にしては小ぶりで軽量なもの、そしてその隣のガラスのストレートタイプもなかなか良い感じです。

3年前の冬の初めにKelly Joe Phelpsのことを知ってから、リゾネーターギターに取り組んできたのですが、1周回ってトンプソンのギターとして初めて手にしたT1に戻ってきました。どうして最初からこうしなかったのかとも思いますが、1周回らなければここにたどり着くことはなかったでしょう。2月はコンサートの予定がないのでじっくりとスラッキーオープンFに取り組んでいけそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

スラッキーオープンG

1週間ほど前のことですが、夜寝ている時に夢だったのかウトウトしていた時に思いついたのかが定かではないのですが、ギターの演奏に関してひとつのアイデアを思いつきました。それは約2年間トライしてきたオープンGチューニングをそのまま2度(全音)下げたらどうだろうというものです。オープンGのチューニングのまま全ての弦を全音下げるというわけです。ですからオープンFと呼んでも良いのかもしれませんが、調べてみるとオープンFという違うチューニングがあるようです。

チューニングを下げることを思いついた理由はオープンGの場合、キーFで演奏する際の自由度が低いことです。なので一応全ての弦を全音下げて普段は2カポでオープンGとして弾いて、キーFの場合はカポを外せば良いのではないかと思いついたというわけです。

現在の使用弦はミディアムライトとミディアムをミックスして使っているのですが、全音下げるとスラッキーギター的な雰囲気になります。実際弦を緩めているのですからスラッキーであることは間違いありません。勝手にスラッキーオープンGとでも呼んでおこうかな。

当初はこのチューニングをリゾネーターギターで弾こうと考えていましたが、僕のリゾネーターは2本とも12フレットジョイントなので2カポにすると高音が不自由になってしまいます。そこで何気に14フレットジョイントのアコギを持ち出して弾いてみたところこれがなかなか良い塩梅だったのです。周囲の評判も良いようなのでしばらくはアコギ(トンプソンT1)をスラッキーオープンGにして弾いていこうと考えています。


先日スライドコンバーターカポを購入したのも、2カポで弾くことが多くなることを考えてのことでしたが、自分でカポを削らないとベストな弦高を得られないのでしばらくは封印しておくことにして(削るが破壊になる可能性があるので)、ネック調整をしてお茶を濁しました。ひとまずスラッキーオープンGの音階やコードを頭に入れないといけませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Boogie | ウクレレ | ギター | コンサート情報 | 写真 | | 日記 | 音楽