2018年4月 2日 (月)

エイプリルフールじゃないからね

昨日のエイプリルフールの日に書くと完全にフェイクニュースだと思われるので、エイプリルフールではない今日に書いています。それがどんなことかというと、演歌界の大御所である渥美二郎さんとデュオをさせてもらったということです。

Atsumi10

これまで私はニューミュージック系のアーティストの方々にはお会いしたことがあるものの、演歌の方とはすれ違う程度の経験しかありませんでした。それが先月の19日にお会いすることとなったのです。

ここに至る経緯はブログに何度か名前の出てくる、映像制作会社のLOOPさんの同行取材の一環として、渥美二郎さんと対談をしてみないかとのお話をいただいたことから始まりました。お話をいただいた当初はジャンルやキャリアの違いを考えると僕には荷が重すぎると感じたのですが、そもそもLOOPさんの同行取材をお受けした時には「なんでもやってみよう」と心に決めたこともあり、ここで引き下がるのはいけないな、という結論に至りました。そして対談が実現したのです。

LOOPさんがどうして渥美さんとの対談を考えたのかといいますと、渥美さんと私に何か共通したものを感じられたからのようです。そのまず第一は渥美さんが30年前にスキルス性胃癌で大変なところを通られた後に復帰されていること。私は脳腫瘍で娘を送り、妻も乳癌で闘病していたという経験があること。渥美さんは阪神大震災で学校へ行くこともままならなくなった子供達のために『人仁の会』という支援コンサートを開催され続けていること。私は東北応援団 LOVE EAST を通して支援活動をさせていただいていること。そして後でわかってきたことは年齢がひとつ違いであること、高校中退であること、血液型が同じであること、奥さんが仙台出身であることなどでした。

渥美さんは16才の時に演歌師、いわゆる『流し』として歌い始めました。すでにご自分でギターを弾きながら歌える曲が1000曲は軽く超えていたとのことです。ですからギターは勿論、ピアノやその他の楽器にも堪能な方で驚きました。

約1時間半くらいの対談を終えて、一緒に何か演ってみようということになりました。もともと渥美さんの大ヒット曲、「夢追い酒」のギターを弾いて欲しいというオーダーはもらっていたので準備していましたが、渥美さんから「ギターだけじゃなくて一緒に歌いましょう」というリクエストをもらい私が2番を歌いました。演歌をちゃんと人前で歌うのは勿論初めてのことですし、しかもご本人の前で歌うなんていろんな意味でハードルが高すぎでした(汗)。

歌い終わると渥美さんが「岩渕さんの声はムード歌謡に向いているなあ」とおっしゃって「そうだ『有楽町で逢いましょう』を歌いませんか、僕が歌詞を教えるので」というものすごい展開になってきました。そして渥美さんが「あなたを待てば雨が降る〜」と小声で歌詞を教えてくれる中、私はこれまた人生初の『有楽町で逢いましょう』を歌いました。


さらにもう1曲何かということになり最後は『北上夜曲』を歌うことにしました。これは私が歌ったバージョンにしたのでリズムの刻みがちょっと変わっています。渥美さんは「これは面白いリズムだなあ」と楽しそうにギターを弾きながら一緒に歌ってくださいました。歌い終わった時に「なんだか泣けてきた」とおっしゃっていたのが印象的でした。

この収録が放送されるのはまだ先のことですが、どうぞお見逃しなく。番組はYouTubeの方へアップロードアされます。『気分は各駅停車』で検索していただくとヒットします。現在はVol.1と2がアップされていますよ。


| | コメント (2)

2018年3月 4日 (日)

肘掛とギター

Img_4822

仕事部屋の椅子は近くのホームセンターで買ってきた肘掛がついたタイプのものです。価格が10万円を超す高級な椅子に憧れはしますが、なかなか手が出ません。

椅子の肘掛はデスクワークをしている時に楽ですが、ギターを弾く時には邪魔になります。短時間弾く時には椅子に浅く腰掛けて弾くようにしていますが、長時間弾くことは無理です。なので長時間弾く時には肘掛を外します。肘掛が動かせるタイプの椅子もあるようですが、まあ必要な時に外せば良いのであまり触手が動きません。

で今朝ふと「肘掛を左右反対にしたら、前に伸びている部分が短くなってギターが弾けるかもしれない」と閃きました。早速肘掛を左右反対に付け替えてみたところそれなりに良さそうな感じがしています。普段は一応肘がかけられるのでこれでしばらくは試してみたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (1)

2018年3月 1日 (木)

結局もとどおり

Img_4815

先日『Thompson T1』をノーマルチューニングで弾き始めたことを書きましたが3弦の5フレットから上が強めに弾くとビビってしまうことがわかりました。これを調整してもらうのには時間がかかるので、リゾネーターにはまるまではメインで使っていた『Thompson T1 Short Scale』を試してみました。こちらはメインで使っていただけあってメンテナンスをしているので、ビビりなどの不具合は出ていません(写真の左のほうがShort Scale)。

しかしShort Scaleの方はネックの長さが少し短いので、同じゲージの弦を張っても弦の張りが弱くなることや、ネックとボディーのバランスの違いなどの微妙な音色の差があります。実はふたつのギターに張っている弦が違うので正確に比較することはできませんが、Short Scaleの方が少し軽めな音がしているようです。

今はギターの音色に関して繊細な感じになれているので、弦のマッチングを試しながらひとまずはShort Scaleでいくことになりますかね。2年以上リゾネーターの旅に出て結局もとどおりってなんなんだあ!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda





| | コメント (1)

2018年2月27日 (火)

出来上がった演奏の型

昨晩はちょっと早めに寝たこともあり、今朝は夜中に目が覚めてしまいました。ベッドで本を読んでみても眠くならないので、こりゃあ作曲かあと思い、寝床に音楽ノートを持ち込んで五線にメロディーを書き込んでみても一向に眠くなりません(そりゃあそうですね)。そのうちに最近オープンチューニングで弾いてきた曲がノーマルチューニングで弾けるかどうかが気になり始めて、いよいよ目が冴えてきてしまいました。

2時間も経ったでしょうか、これはしょうがないと観念して仕事部屋に入って作曲の続きをして、ノーマルチューニングで演奏ができるかどうかの確認をしましたが、まだ夜が明ける気配がありません。そしてとうとうブログを書き始めたというわけです。

ところでこれまで歌ってきた曲をノーマルチューニングで伴奏してみると、以前よりずっと和音の響きに敏感になっている自分を発見しました。これはオープンチューニングで弾いている時に、様々なコードに対応するために、フィンガーボード上の音をパズルのように組み立てながら弾いていたことの影響でしょう。和音をパズルのように組み立てるためにはフィンガーボード上の音名を改めて意識しますし、音の重なりにより生まれてくる響きが良いかどうかも意識していました。

「え!オープンチューニングで弾く前はそうじゃなかったの?」」という疑問を持つ方がいらっしゃると思いますが、今の感覚と比べると以前は少し乱暴に弾いていたと思います。それは長年のうちに出来上がった演奏の型に疑問を挟まずに弾いていたということですね。

さあそろそろ外が明るくなり始めました。今日はどこかで気絶するんだろうなあ(笑)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (1)

2018年2月26日 (月)

狼ギター少年

Img_4806

昨年の夏前に一番長く愛用してきたアコースティックギター(TompsonT-1)のサドルをスライド奏法をするために高めのものに交換しました。それを今朝、元のノーマルなサドルに戻しました。早い話がT-1をスライドでは弾かないことにしてみたということです。そしてチューニングもノーマルチューニングにしてみました。

Img_4808

Img_4811

オープンチューニングのリゾネーターからノーマルチューニングのアコギへの変化というのはかなりなものですが、事の始まりは妻の「アコギの音が聴きたい」というひとことからでした。

さらに数日前に妻は「どうしてもスライド奏法をしたいの?」と問いかけてきました。僕にとっては膝カックンな感じのことばですが、僕のことを一番知っているのは妻ですから、妻のことばは侮れません。

というわけで試しにオープンチューニングやリゾネーターを離れて、ノーマルチューニングでしばらくは弾いてみようかということにしたんです。

しかしここのところリゾネーター&オープンチューニングに打ち込んできたおかげで、フィンガーボード全体を使って弾くという感覚が身についてきました。それは僕にとって歓迎すべきことです。

またほぼ半世紀ほど弾き続けてきて凝り固まったギターとのやり取りも新鮮に感じられるようになりました。

ところでここ2年半ほどは、僕のギターに関しての気持ちがコロコロと変わってきていることを皆さんはご存じですから、今回も「ハイハイそうですか」ぐらいな軽い気持ちで聞いておいてください(汗)。狼ギター少年になってしまったかなあ(笑)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (2)

2018年2月24日 (土)

髪の毛のおかげ

Img_0217

先日初めて髪を切ってもらった美容室でいろいろと話が弾みました。というのもこの美容室はオーナーでありスタイリストのTさんおひとりでなさっていて他にお客さんがいないからです。

僕が音楽関係の仕事をしていることを話したら、以前はミュージシャンの方の髪を切っていたことがあることや、現在でもクラシックの演奏家の髪を切られているとのことでした。そしてその演奏家の方が監修された本を紹介してくれました。それがこの『自分の音で奏でよう!』です。

この本は超有名なホルン奏者のファーガス・マクウィリアムスさんが書かれた、ホルン奏者のための本です。髪を切ってもらっている間にページをめくってみたら、とても興味深い内容だったので、これはじっくり読もうと早速手に入れました。

ところで著者の紹介に「超」ということばを使いましたが、最近の僕の裏テーマ?は「普通」ということです。昨今は「超」に代表されるように普通じゃないことがもてはやされていますが、普通がなければ超もありません。

最近僕が「普通」を意識しているのは、その普通が崩れ始めているような感覚を覚えるからです。

例えば国会での議論を聴いていてもあれは普通ではありません。それは質問者と答弁者のことばが全く交わっていないからです。あれが議論だとはとても思えません。ただ時間を費やしているだけのように虚しく感じます。そしてこの虚しい状態はきっと今の僕らの何かを反映しているのに違いありません。

また格差ということばに代表されるような競争社会も普通ではありません。それは音楽の世界にもあって、音を奏でることよりも他と違うパフォーマンスをして抜きん出た方が勝ち、というような面が無きにしもありません。

この『自分の音で奏でよう!』にはこれまで当たり前とされてきた、努力を重ねてテクニックを身につけていく練習方法に一石も二石も、いやもっとたくさんの石を投じています。僕は中学時代にブラバンでホルンを吹いていたことも、この本に親近感をおぼえた理由のひとつだと思いますが、この本には「あたりまえ」、「普通」、の勧めが書かれています。それは『自分の音で奏でよう!』ということです。

最近自分のレッスンのやり方を見直したいと思っていた僕にとって、この本との出会いは驚くほどタイムリーでした。初めて行った美容院がきっかけなんて、髪の毛のおかげですね。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda



| | コメント (2)

2018年2月20日 (火)

霧吹き冷却

Img_4804

長く使わずにケースに入れているギターの様子が気になってひとつずつチェックをしましたが、特に問題はないようでした。どうしてそんなことをしたのかというと、今後しばらくはトンプソンのT-1をメインに使うことにしたので、リゾネーター2本をケースにしまおうと思ったからです。

そしてふと仕事部屋の景色を変えたくなってギブソンの335とTGWのストラトキャスターをケースから出して並べました。これは近々エレクトリックも使おうというわけではなく、あくまで部屋の景色を変えるためです。まあそのうちチューニングをしてポロポロ弾くんだろうなとは思っていますが。

さてどうしてトンプソンのT-1に落ち着いたのかといえばまずは妻に「たまにはアコギの音を聴きたい」と言われたことがきっかけなのかもしれません。妻は何かに熱くなっている僕にバケツで水をかけるようなことはしませんが、霧吹きのように徐々に冷却するようなところがあります。そして僕は「そうか、アコギの音ねアコギの・・・」とインプットされたことばをどこかに持ち続けるようになります。

トンプソンのT-1に落ち着いたもうひとつの流れは、ふと、オープンGのチューニングを下げてオープンFとでも言えば良いのかの、自己流チューニングにしてみようかと思いついたことです。

チューニングを下げてみようという僕の発想の原点はFのキーを弾きやすくしたいということでした。そしてこれまではオープンGで弾いてきた曲は2カポで弾けばそのままでいけると考えたわけです。ところが僕の持っているリゾネーターギターは12フレットジョイントなので、2カポでこれまでと同じに弾くためには14フレットジョイントの楽器が望ましいわけです。

そこでトンプソンのT-1が14フレットジョイントなので、これで試してみようということになりチューニングを下げて弾いていたわけです。そうしたら妻が「いいねえ〜」と言うじゃあありませんか。ここでお互いの利害?が一致してしまったわけです(笑)。

その後もあれやこれや試行錯誤をしていましたが。結局ギターはT-1でチューニングはオープンGに戻して弾くというところに落ち着きました。

最近リゾネーターギターやオープンチューニングでネット検索をかけると自分のブログがヒットすることがあり、戸惑というか困ってしまうことがあります。そして僕が書いていることは全て途中経過なので、皆さんに不確かな情報を撒き散らしている可能性があるなあと少し気にもなっていますが、弾きたいギターを弾きたいように弾くということで許してつかあさい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda



| | コメント (1)

2018年2月18日 (日)

レッスン探し

僕がギターを初めて教えたのが20歳前後の仙台でのことで、当時新しく開講したヤマハのフォークギター教室の講師のひとりに迎えられました。当時ギターを教える先生のほとんどはクラシックギターの先生でしたので、フォークシンガーとして活動をしていた僕に依頼をしてみようということになったのだと思います。当時その教室は大人気で50人を超える受講者がいたと記憶しています。

その後教えることからは長いこと離れていましたが、10数年前からまた教え始めるようになりました。僕のギター演奏や音楽の知識は自己流&独学で身につけてきたものです。恐れを知らない若い時にはそれでも平気で教えていましたが、ひと通りの経験を経てから教え始めた時には、教えることが重荷に感じることも少なくありませんでした。

それは何を教えれば良いのか、どういう手順で教えるのが良いのか、どこを目指せば良いのか、などなど考え始めたらキリのないことばかりが続くからです。それでも自分なりに考え、準備をしてこれまでレッスンに取り組んできたわけですが、ここにきて良い意味でお手上げという感じになっています。

良い意味でというのは、もう策によっては教えられないということがわかり始めたからです。僕には僕しか教えられないということです。これはちょっと変な言い方ですが、自分にできないことは自分には教えられないということがやっとわかったということです。裏を返せばこれまでは自分にできないことも教えようと頑張っていたと言えるでしょう。

これは一時ブームになった自分探しに似ているようで可笑しくなります。自分探しは自分を探すために旅に出るのですが、肝心の自分は置き去りにしているみたいな(違っていたらすみません)感じがします。もともと自分は探さなくてもそこにいるわけですからね。それが自分として喜んで受け入れられる自分かどうかは別問題ですが(汗)。

僕もこれと似ていて、教えているのは自分だということを忘れて、レッスン探し、レッスン講師探しの旅に出ていたのかもしれません。ここにきてやっとそれに気がついたというわけです。これからは良い意味で、気軽に楽しくレッスンに取り組めそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

リゾネーター高気圧

20180213dscf2454
FUJIFILM X30

おとといくらいから何故か脱力しています。脱力と言っても何もするがしないというのではなく、妙に熱くなってはいないということなので、普通に言えば『普通』ということです(汗)。ここしばらく吹き荒れていたリゾネーター高気圧(嵐だから低気圧が?)が通り過ぎて行ったような感じがしています。ここまで読んだ妻の「やっぱり飽きたな!」という呆れ顔が頭に浮かんできますが、別に飽きたわけではありません。

今はリゾネーターギターをアコースティックギターに変えていろいろと探っています。その中でわかってきたことは、楽器はリゾネーターギターじゃなくても良いし、曲によってはスライドバーを使わないのもありだとも思いますが、オープンチューニングからノーマルチューニングに戻す気持ちにはなれません。かえってもっと弾きこなしたいという思いが強くなっています。

ところでオープンチューニング(僕の場合はオープンG)は6弦のうち5本が音階の音程でいうところの1度と5度です。1本だけ3度(2弦)に合わせますが、この3度を平均律に合わせるのか、はたまた純正律方向に合わせるのかが微妙なところなんです。僕的には純正律の方が気持ちが良いのですが、G以外のキーに対応するとなるとどこかで不具合が出てきます。

スライドで弾く場合は音程の微調整が可能ですが、フレットを押さえる場合には微調整することができません。この辺のことは弾きながら落とし所を見つけていくしかないのだと思いますが、まだまだ先があるなあと思います。

あれ!全然脱力してないんじゃないの。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

20年前に始めろ!

ここ数日間、市販のカポタストを自分が必要としているカポタストにするために削る作業をしていましたが、最終段階に近づいてきたら削っていた棒状の金属が削っていない方向に少し湾曲していることに気がつきました。

Img_0216

そのことを昨日のブログに書いたのですが、何人かの方が湾曲してしまう理由や修正方法を教えてもらいました。それによると金属やプラスチックを削るときには両側から削らないと湾曲してしまうとのことです。そして湾曲してしまった場合には焼くと元に戻る可能性があることも知りました。さらにこのような湾曲してしまった状態のことを鈍るといい、焼いて修正することを焼きを入れるということも知りました。

鈍るに関しては「腕が鈍った」となどどいう使いかたをしますし、焼きを入れるの方は少し物騒な場面で登場することばであることは知っています。しかしこれが金属の状態に関することばであることは初めて知りました。ここまで生きてきて語源を知らなかったなあ〜という、感慨に近いものすら感じています(笑)。

ところで肝心のカポタストの方ですが、一生懸命削るというのは僕のできる仕事の範疇ですし似合ってもいるのですが、焼きを入れるとなるとちょっとお手上げ感があります。自分的にはこの先の作業はそのための機材や知識がないと無理なような感じがしますし、何かよくないことが起こるような不吉な予感もしますし、この先の作業に関しては逃げ腰というか放棄することにしました。

その上で自分なりに試しているのが弦のゲージを上げることです。これまではミディアムライトとミディアムをミックスさせて張っていたのですが、少しテンションが上がるようにミディアムゲージだけにしてみました。結果少し弦全体のテンションが上がり、スライドバーの使い方によってはほぼ問題なく演奏ができるかなという状態になりました。スライドバーの使い方というのは脱力です。それはバーを極力弦に触れるだけにして弦を押さないということです。

頭で弾いている分にはできるのですが、指先がそれをマスターするのには時間がかかりそうです。特に咄嗟の時に力が入ってしまわないように指がマスターしてくれるのには失敗も服めて経験が必要になりそうです、ってせめて20年前に始めろ!ですね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Boogie | ウクレレ | ギター | コンサート情報 | 写真 | | 日記 | 音楽