2017年7月20日 (木)

ギターひとりでは歌えない

1

さて今日から2泊3日の予定で東京基督教大学で開催される夏期教会音楽講習会へ出かけます。数日前までは仕事部屋のエアコンは仕事中だけつけていましたが、ここのところ気温も湿度も高いのでエアコンをほぼつけっぱなしにしています。今日もつけっぱなしで出かけます。

ギターはその作りにもよりますが、良いものほど熱には弱いので夏は大変です。とにかく車の中に置きっぱなしはできないので、ちょっと車を離れる時以外は車外に持ち出すようにしています。例えば食事の時などですが、ファミレスではなんとなくギターもありな感じですが、町のお蕎麦やさんみたいなお店に入る時は邪魔だし違和感があります。ラーメン屋さんとかも・・・。

大分前のことですが、僕はスリランカへ行ったことがあります。ある日の移動の時にギターをバンに詰め込んだまでは良かったのですが、移動の途中に昼食タイムがありました。とにかく荷物がパンパンだったので、少しぐらいならまあいいかとそのまま車を離れました。ところが昼食が始まってみたら異常に長時間なのでギターが心配になりましたが、今更ギターを持ち出せるような状況でもなありませんでした。

どうして長時間になったかというと、どうもそこは名所のようで、レストランの下を流れる川には数十頭の象が水浴びしています。それを眺めながら皆さんのんびりと食事をしていました。また駐車場からレストランまでの沿道にはコブラをあやつる蛇使いが店を開いています。生のコブラとのご対面はちょっとビビりました。食事を終えて車に戻る頃には駐車場までの道に水浴びを終えた象の群れが歩いているは、コブラがシュッと頭をもたげるはでえらいことになっていました。

そして車に乗り込み、その日の目的地に着きギターケースを開けてみたところ、ギターのボディーを支えている力木を接着しているにかわがダメになったらしく、音がおかしくなっていました。そのギターは今も手元にありますが、それを見るたびにスリランカを思い出します。もう相当ボロボロのギターですが一緒に苦難の旅をした仲間的な、特別な親近感を感じます。

さあ今日からの講習会ではギターのレッスンもあります。連日暑そうですので、ギターをどのようにケアしてあげれば良いかで今は頭がいっぱいです。ギターは自分では動けないので僕がケアしないといけません。そういえばギターはひとりでは歌も歌えないんだなあ。




--------------------------------------------------

岩渕まことデビュー40周年記念ライブ

月夜の焚き火

2955

東京 9月8日(金)

出演:岩渕まこと(Vo,G) 岩渕由美子(Vo) 市原康(Dr) 谷源昌(B)
ゲスト 西原悟(Key) 万年諭(B)
スペシャルゲスト 高橋和義(Vo,G)

18:00オープン、19:00スタート 
チャージ3,500円+1フード 1ドリンク 

会場:BACK IN TOWN 
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 
メールbackintown@nifty.com
Tel.03-3353-4655
 


仙台 9月29日(金)

出演:岩渕まこと(Vo,G) 岩渕由美子(Vo) 榊原光裕(Key) 佐々木和司(Vo,G)
&仲間たち(未定)

18:00オープン19:00スタート チャージ:3,500円

会場:Jazz Me Blues noLa 
〒980-0012  宮城県仙台市青葉区錦町1-5-1 ノーバル・ビル1F  
Tel.022-398-6088
 

 

お問い合わせ&ご予約:MAKOTO BOX 
Tel.080-5384-2402またはsinganewsong@cmail.plala.or.jp

--------------------------------------------------

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

オープンD

Img_4355

昨日の朝ふとオープンDも弾いてみようかと思いました。オープンチューニングで弾き始めて1年半くらいになりますが、まずはオープンGだということで、これまでオープンGの探求にいそしんできました。そしてそれなりに身についてきたので、次はオープンDとはなんぞや、に興味が湧いたというわけです。

オープンGとオープンDは全く別なチューニングかというとそれほどでもなく、6本の弦の音程の内、5本の音程の間隔が同じになります。オープンG はその5本の弦の下に1本弦があり、オープンDは上に1本弦があるという違いです。もちろんオープンで鳴らした音はそれぞれ GとDですからGからすればDは5度上、または4度下ということになります。実際にはオープンGよりオープンDの響きが少しゆるい感じになるので、4度下という方が正解でしょう。

ですからオープンDのチューニングでは1弦を無視して2弦から6弦だけで弾けば、オープンGで弾いたと同じ運指で弾くことができます。もちろん4度低いことになるので、そのままでは歌の伴奏には使えません。

昨日あれこれ弾いてみた僕の印象では、オープンGの方がよりカントリーミュージック的で、オープンDの方が少しメロディアスかなという感じです。これからオープンDをどこまで追求するかは未知数ですが、探求すれば面白い世界が垣間見えそうです。

でもオープンGとオープンDのリゾネータギター2本持ちなんてやめようね、岩渕さん。



--------------------------------------------------

岩渕まことデビュー40周年記念ライブ

月夜の焚き火

2955

東京 9月8日(金)

出演:岩渕まこと(Vo,G) 岩渕由美子(Vo) 市原康(Dr) 谷源昌(B)
ゲスト 西原悟(Key) 万年諭(B)
スペシャルゲスト 高橋和義(Vo,G)

18:00オープン、19:00スタート 
チャージ3,500円+1フード 1ドリンク 

会場:BACK IN TOWN 
〒162-0065 東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1 
メールbackintown@nifty.com
Tel.03-3353-4655
 


仙台 9月29日(金)

出演:岩渕まこと(Vo,G) 岩渕由美子(Vo) 榊原光裕(Key) 佐々木和司(Vo,G)
&仲間たち(未定)

18:00オープン19:00スタート チャージ:3,500円

会場:Jazz Me Blues noLa 
〒980-0012  宮城県仙台市青葉区錦町1-5-1 ノーバル・ビル1F  
Tel.022-398-6088
 

 

お問い合わせ&ご予約:MAKOTO BOX 
Tel.080-5384-2402またはsinganewsong@cmail.plala.or.jp

--------------------------------------------------







| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

スミマセン

Img_4277

今週の月曜日は久しぶりに妻とプライベートで出かけました。目的地は新宿末広亭です。実はなんかのなんかで招待券をいただき、二ヶ月以上前から「いつ行こうか」と話し合ってはいたものの、多少の忙しさにかまけて実行できずにいました。その招待券の期日が今月末までなので、「ここしかない」と決断したのが今週月曜日だったというわけです。

新宿末広亭は昼夜入替なしです。昼の部は12時から16時半まで、続く夜の部は17時から21時までです。6月下席の昼の部の主任(とり)は柳家喬太郎。夜の部の主任は柳家小三治という超豪華な顔ぶれです。

Img_4278

前日に問い合わせの電話をしたところ、連日立ち見が出る超満員で、好きな人は朝8時頃から並び夜の部の終わりまでいらっしゃるとのことでした。招待券での入場は満員の場合(席がなくなった場合)入場ができないので、「昼の部が終わったあたりで並べば夜の部は確実に入れますよ」、との係りの方のお勧めに従うことにしました。

当初は電車で行こうと思っていましたが、近くの駐車場を調べたところ、なんと伊勢丹の駐車場が最大1600円とのこと。これぐらいで車が停められれば車もありだなと考え始め、車だったらついでにリペアに出しているリゾネーターギターをピックアップできたらバッチリだ!ということになり、車で出かけました。

リペアに出しているリゾネターギターはNationalのM1です。この4月に中古で出ていたのを買ったのですが、付属のマグネットピックアップのアースが取れていないことによるノイズが出るので、弦までのアースを取ってもらうためのリペアです。

お店は御茶ノ水にあるアコースティックプラネットというお店です。リゾ3本目になるNational Style-Oもこの店で買いました。その時に担当してくださったSさんにはその後も色々とお世話になっていますが、今回は保証期間内ということもあったのか、無料で作業をしてもらうことができました。このお店はNationalの正規代理店ということで、他のお店とは違いNationalのリゾやその他メーカーのリゾの品揃えが豊富です。興味のある方は要注目です。

アコプラを後に御茶ノ水から新宿三丁目まで20分くらいでしょうか無事に目的のパークシティイセタン1に到着しました。この駐車場は伊勢丹のお店からは少し離れていますが、ここの方が確実に停まれるだろうと考えて選びました。

なんでも余裕を見すぎて移動する僕のことです。1時間以上時間があるのでパーキング近くのサ◯◯ンというビッグサイズのお店へ寄ってジーンズをゲット。これも近々なんとかしなくちゃとい思っていたので良かったです。

実は僕の服、特に衣装に関しては伊勢丹とこのサ◯◯ンで購入したもの率が高いんです。ですから服を買うといえばこれまでも新宿三丁目をウロウロしていたというわけです。

その後は末広亭へ行って係りの方に、夜の部に入ることができるかどうか、入れるならば何時から並べか良いかなどを確認してお弁当を買いに伊勢丹へ出かけました。伊勢丹のお弁当は概してお値段もなかなか良いので(なかにはお求めやすいものもあります)、そうだまだ時間もあるし軽く晩御飯とお茶をしようかということになり、結局イタリアンのお店に入りました。

ここで「おい岩渕、落語にたどり着かんのかい」という強烈な突っ込みがありそうですが、本当ですね。こんなにキーボードを打ちながらなかなか本題に入らないところをみると、どうやらよっぽど楽しかったようです。で続きは明日にします。スミマセン


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

リゾネーターギターとわたし

34234000001left

リゾネーターギターとわたしの関係も少し変化が生まれてきました。その理由は最適なスライドバー選びを終えて肝心の奏法探求の段階に入ってきたからです(遅)。現在の探求のポイントはふたつで、まずはノイズを出さないためのミュート。そしてスライドバーの動かし方です。

ミュートは金属の弦と硬いスライドバーが触れるわけですから、バーを弦に置いたり離したりするだけでもノイズが出ますし、スライドバーの先端の位置が不適切で隣の弦に触れてしまえばノイズが出ます。とにかくいろいろな状況でノイズが発生するわけですが、スライドバーをはめていない指でヘッド側をミュートするのは常識として、右手の空いている指や親指の付け根の母子球でミュートをするテクニックが必要となります。これが僕はまだまだなのでございます(汗)。

またスライドバーの動かし方についてですが、ヘッド側からボディー方向へ音程を上げるように複数の弦をスライドする場合、1弦上での動きよりも2弦、3弦と低音弦に向かって大きく動かした方が「らしい」感じになります。ざっと言うと斜めに滑らせてきてフレット上で真っ直ぐに止めるということです。このテクニックもまだまだ身についていません(汗2)。そしてこのテクニックは正確な音程を出すことにも良い影響がありそうだということに気づいてきました。さあしばらくはこのふたつを自分なりに身につけることができるように意識して弾いていこうと思います。

ちなみに最終的に決めたスライドバーは写真のダンロップのグラススライド234です。このバーを選ぶまで約1年かかりました(しつこい)。その結果手元にあるバーの本数は徐々に増えていき現在22本となっております。

34234000001main



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

初心に返って

20150826dscf65702
FUJIFILM X-Pro1 マニュアルレンズ

東京基督教大学(以後TCU)でギターを教え始めて今年で5年目になります。その前のワーシップジャパンとその前身のJMMSでのレッスンから数えれば約12年になります。もちろんそれ以前のミクタムミュージックミニストリーで教えた経験も合わせればさらに長くなりますが、これらは主にギターレッスンというよりは教会音楽のあり方や、携わる者の心がまえなど広い範囲に渡るものでした。

今日と29日と2週続けてTCUでのレッスンがあり、これで春学期の予定が終了します。開始が4月末でしたから正味2か月の期間で6回のレッスンとなるわけですが、僕にはいつも充分なレッスンを提供することができているのだろうかという不完全燃焼感があります。もちろんそれはTCUでのレッスンに限ったことではありません。

今朝はその根本的な問題に気がつきました。それはそれでもまだなんとか頑張ろうとしている自分だたということです。本当はちゃんと「お手上げだ」と白旗を上げることが必要なのではないかと思ったわけです。受講生からしたら白旗を上げている講師から習うなんてとんでもないかもしれませんが、なんとかしようともがいている講師よりはよほどましではないかと思います。

趣味の写真も、職業のギターも音楽も、そのことに飽きたと思ったあたりからの方が良いものが生まれてくるように思います。物事に夢中になっている時には大事なことに気づいていないことがあり得るのではないでしょうか。それはなんとかして教えようとしている自分にも当てはまるのではないかと思います。

まずは背負いこんでいる荷物を降ろし、初心に返って取り組まなければと思わされた朝でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

独り言

20150612dscf9388
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4

昨晩は予定よりも少し早く帰宅することができました。今は新幹線の予約が乗車直前でもスマホから変更ができるので僕のような旅人には助かります。妻は30分や小1時間待つのは平気だといいますが、僕には耐えられません。

そして今朝は仕事部屋で落ち着いた時間を過ごしています。今年の初めに隣家(元々飲食店だった)が中華料理屋さんになり、中国の方と思しきご夫妻が住まれるようになりました。部屋の窓を開けていると、時折中国語と思われる勢いの良い会話と生活音が聴こえてきますが、それにもだいぶ慣れました。

ひと月ほど前から娘が出産後の里帰りをしているのですが、今週自宅に戻る予定になっています。久しぶりに妻と二人の生活に戻るので、ひょっとしたら寂しくなるかもしれないですね、なんて言ってはいられませんが(笑)。

それにしても滋賀で出会ったみなさんは良い人たちだったなあ・・・と思い返しています。静かなのに明るいみたいな不思議な感じ。そしてひとたび動き始めるとテキパキ有能みたいな感じ。その辺が近江商人が生まれる要素なのかもしれないですね。元々交通の要所ですし、歴史上の様々な出来事に巻き込まれざる終えなかったという土地柄もあるんでしょうね。

明日は本家歌声ペトラです。今年は歌声ペトラ20周年ということで毎回ミニコンサート的なコーナーを設けていますが、いつからか西原氏がアレンジをしてくれるようになりました。明日のための譜面も送られてきているので、今日その確認をしようと思います。

またリゾネーターのM1のライン出力のアースがとれていないようで、たまにノイズが乗るので明日御茶ノ水に行くついでにリペアをしてもらう予定にしています。

今週末には茨城県の取手でコンサートが予定されています。来週には関東学院の礼拝で歌い、再来週には釜石へ出かけます。釜石では久しぶりに山田へ足を伸ばします。今回は夫婦バージョンなので車移動にしました。釜石まで一気に走ってもその日は何もできないので、前後1泊ずつ宮城にホテルを予約し、9月末の仙台でのライブの打ち合わせもする予定にしています。

なんだか今日は頭の中を整理している独り言のような内容でしたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございます。8月頭までぼちぼちコンサートの予定がありますのでお近くの方は是非お出かけください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

「へ〜」と感心

Gbb1
TABのサイトから拝借しました

最近ネットでリゾネーターギターやスライドバーを検索すると自分のブログがヒットすることがあり、ちょっと恥ずかしくなりました。というのも僕が書いていることは自分が目的に到達する過程の迷いや悩みごとがほとんどだからです。教則的ではなく、レッスン日記的、研究日記的だからです。そこで今日はスライドバーについて書いて、ひとまずこれで一段落にしようと思います。

僕は自分に最適なスライドバー選びに関しては1年ほど試行錯誤の繰り返しで、「これだ!」と思っては考え直すことばかりしていました。その理由はスライドバーは材質、音色、形状、サイズ、重量によって全く違うからです。

サイズと重量は指への負担が違ってきます。さらに形状が違うことによって音程の正確さや、発音の正確さ、ノイズの発生頻度にも違いが出てきます。シンプルにまとめてもこれくらい違うのですから、これらの特性を組み合わせてジャストフィットを選び出すことは大変な作業であることがわかります。以前はどうしてこんなに迷ってしまうのか不思議でしょうがありませんでしたが、冷静に考えてみれば当たり前のことでした。

そして5月31日のブログでは音色重視で重いスライドバーを最終選択していましたが、やはり指への負担が大きく、ここ数回のライブではTABのジャイアント・ボーン・バーに落ち着いてきています。しばらくはこのバーのサイズ感(特に長さ)と重量、それから陶磁器製でよく滑るので、正確にコントロールすることができるようにしなければと思っています。

結論として僕の場合、音色重視は許せる範囲で引っ込めて、重量による指への負担が軽く、形状はストレートではなくRが付いているタイプがベストのようです。これまで散々迷いに迷った挙句にジャイアント・ボーン・バーに落ちついたわけですが、なぜか微妙に「へ〜」と感心している自分がいます。正直ちょっと疲れたかも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

ノイズ撲滅週間

Img_4188

昨日は高槻福音自由教会のチャーチコンサートで歌いました。写真はコンサートを終えて乗った新幹線の米原あたりの夕景です。

昨日は教会に設置されているPAを使いましたが、サウンドチェックの時にギターの回線からノイズが発生していました。

最近僕はギターを普通のマイクではなく、ギターのピックアップを使ってライン出力をすることが多くなりました。ピックアップはナショナルのSlimlineのいうマグネットタイプのものです。昨日使ったリゾネーターギターはM1という最近中古で購入したものなので、おそらくジャックの汚れなども原因のひとつかなあと考えています。

昨日はコンサートの直前ですからなんとか応急処置をしたいと考えました。ノイズはジャックの金属部分に手が触れると軽減されたので、ジャックと弦までを針金のようなもので繋げば弦に手が触れている限りノイズは軽減されると考えました。

ちょうど良いものはないかと探したのですが、なかなか見つかりません。その時ある方がギターの弦を持ってきてくれました。「なるほど」です。早速その弦でジャックと弦を張っているテールピースをつないで効果があるかどうか試したところ、弦に手を触れるとノイズが軽減されました。

テールピースとはこんなものです。

41e7kkqayl_sy355_

こちらは昨日の実際の様子。テープはカメラ用のテープで剥がしても跡が残らずダメージもありません。弦が見えますか。

Img_4181

Img_4179

Img_4180

同じピックアップはもう一台のStyle-Oでも使っていますが、こちらはノイズが出ません。ひょっとすると真鍮のボディーなので弦とジャック間が通電していてノイズがないのかもしれません。今週はギターのピックアップノイズ撲滅週間となりそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
岩渕まこと&由美子
初のオリジナルワーシップCD

<天にも地にも>発売中


お買い求めは<まことのお店>から。

20160823
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

ゴールを切ってみて〜

20160602dscf1012
FUJIFILM X30

昨日は「突然星飛雄馬登場」というタイトルで書きましたが、どうやらこのタイトルが今の自分にとって、当たらずとも遠からずであったようです。

昨日も今週末のライブの確認を兼ねて個人練習をしていましたが、ベストなスライドバー問題が概ねクリアできたところで、急浮上してきたのが左手のフォーム問題です。昨日のブログでも力むことによって、スライドバーの力加減も弦に対する角度も不適切となり、ノイズを発生させてしまうということを書きましたが、今後はそれをクリアしながら基本的なフォームはもちろん、接弦と離弦のテクニックを身につけ、ノイズ軽減に取り組まなければと思わされました。これには右手左手のミュートのテクニックも要求されますのでそれなりに時間を要する難関だと思います。

ご存知の通り僕はここ10数年ギターを教えているのですが、最近は自分のプレイを俯瞰して観察してみると、自分がレッスンで教えた言葉がブーメランのように戻ってきてコツンとぶつかることが多くなりました。それはそれなりに「イテ!」ということになるわけですが、レッスンでそう言われたみんなも少しはイタかったんだろうなあと今頃思ったりしています。

また特に最近自分に対して思うことは、理屈っぽい奴だということです。中でもギターに関してはすごくなりました。きっと教えるということを始めたことがさらに拍車をかけたのだと思います。しかし結局のところいくら理屈をこねたところで、音楽として発することができなければほぼ何にもなりません。ほぼ、というのは少しはプラスになるケースもあるからです(汗)。

というわけで今後は戻ってくるブーメランの教えを請いながら(検証もしつつ)、まずはスライバーを装着する小指の出方、引き方、待機し方を身につけてゆきたいと思います。

ところでなんで僕はいつもスタートラインにいるんでしょうねえ。ゴールを切ってみて〜。

| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

突然星飛雄馬登場

Img_4174

昨日久しぶりにスライドバーを買いました。タイプはガラス製で重いもの。重いと言ってもガラスですから金属製に比べればさほどではありません。

ここ1年ほどスライドバーをあれやこれや比較しながら、自分にはどのタイプが良いのかと試行錯誤してきました。最初は音色とサスティーンの長さが気になっていましたが、最近はそれと重量とのバランスでどのあたりが最良かということと、内径のサイズの違いによる指への負担というところに絞られてきました。

重量に関してはあまり重すぎない方が移動速度が速くなり、停止するときのブレも少ないのでピッチが良くなり、フレーズに余裕が出るようです。また内径のサイズに関しては、指にぴったりサイズの方が動きが良くなるのですが、他の指で押弦をするときにバーをはめている指も少し曲がってしまう傾向にあるので、指にぴったりのサイズだと関節付近に負担がかかってしまいます。

先日の2日続けてのライブではダンロップのエリック・サーディナスモデルを使っていました。

Img_4175

僕が持っている中では金属製では一番軽く、長さも僕がバーを装着する小指にぴったりのサイズでありながら全弦をカヴァーすることができます。ただし重い金属製に比べるとサスティーンが劣ります。エリック・サーディナスはリゾネーターをエレクトリックギターのように使うので、このサスティーンで問題ないと思いますが、アコースティックでは少々物足りない感があります。もうひとつ決定的なのが重量が軽い分、弦への圧着感が少なく、それを指で補おうと余計な力を加えてしまうことです。結果時々嫌なノイズ音を出してしまいました。

ふと先日金沢でお会いしたギタリストの佐藤克彦さんが「スライドバーはRがない方がピッチが正確なんですよ(ギターの弦は1弦から3弦に向かって少し高くなり4弦から6弦に向かって低くなるようになっています)」とおっしゃっていたのが思い返されてきて、何本か持っているストレートなガラス製を試してみました。確かにピッチという面では良いかもしれません。あいにくある程度の厚みを持ったガラスのバーがなかったので、昨日重めのガラスのバーを買ってみたというわけです。

しかし僕は6弦を鳴らしながら1、2、3弦を鳴らすことがあるので、ストレートのバーだと6弦への圧着が弱くビビってしまうので、やはりRが付いていた方が良いようです。

そして昨日、数あるスライドバーたちから最終的に残ったのがこの2本でした。1本はLatch Lake SlideBar(左)のラージ?だと思います、内径が21ミリほどのもの。そしてもう1本は友人が作ってくれた真鍮製のスライドバー(右)です。

Img_4173

これらは重量があるので動きやピッチに関してはトレーニングあるのみということになるのでしょうか。ここで突然星飛雄馬登場です(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Boogie | ウクレレ | ギター | コンサート情報 | 写真 | | 日記 | 音楽