2018年2月18日 (日)

レッスン探し

僕がギターを初めて教えたのが20歳前後の仙台でのことで、当時新しく開講したヤマハのフォークギター教室の講師のひとりに迎えられました。当時ギターを教える先生のほとんどはクラシックギターの先生でしたので、フォークシンガーとして活動をしていた僕に依頼をしてみようということになったのだと思います。当時その教室は大人気で50人を超える受講者がいたと記憶しています。

その後教えることからは長いこと離れていましたが、10数年前からまた教え始めるようになりました。僕のギター演奏や音楽の知識は自己流&独学で身につけてきたものです。恐れを知らない若い時にはそれでも平気で教えていましたが、ひと通りの経験を経てから教え始めた時には、教えることが重荷に感じることも少なくありませんでした。

それは何を教えれば良いのか、どういう手順で教えるのが良いのか、どこを目指せば良いのか、などなど考え始めたらキリのないことばかりが続くからです。それでも自分なりに考え、準備をしてこれまでレッスンに取り組んできたわけですが、ここにきて良い意味でお手上げという感じになっています。

良い意味でというのは、もう策によっては教えられないということがわかり始めたからです。僕には僕しか教えられないということです。これはちょっと変な言い方ですが、自分にできないことは自分には教えられないということがやっとわかったということです。裏を返せばこれまでは自分にできないことも教えようと頑張っていたと言えるでしょう。

これは一時ブームになった自分探しに似ているようで可笑しくなります。自分探しは自分を探すために旅に出るのですが、肝心の自分は置き去りにしているみたいな(違っていたらすみません)感じがします。もともと自分は探さなくてもそこにいるわけですからね。それが自分として喜んで受け入れられる自分かどうかは別問題ですが(汗)。

僕もこれと似ていて、教えているのは自分だということを忘れて、レッスン探し、レッスン講師探しの旅に出ていたのかもしれません。ここにきてやっとそれに気がついたというわけです。これからは良い意味で、気軽に楽しくレッスンに取り組めそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット配信番組のご紹介  → 岩渕まこと『気分は各駅停車』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

サピエンス全史

91cf6wybjhl

昨年末に手に入れた、サピエンス全史、という本をぼちぼちと読んでいます。現在上巻の終わりに近づいてきました。僕的には興味があるよう無いような、わかるようなわからないような感じがする内容です。

しかしどうして読み続けているかというと、ただ単に人間の成り立ちを生物学的に説明するのではなく、文化的な面を絡めながらというか、どちらかというと文化の成り立ちの解説がメインのような構成で、僕の固定観念を時々シャッフルしてくれるので読み続けているのだと思います。下巻に入ると多分ぐっと現代に近づいてきて、より興味深くなるのではないかと期待しています。

それにしても僕が一番買っている物は本だと思います。実は高校生ぐらいの時だったか、兄のようにしていた従兄弟から「とにかく本を読め」と言われたことが読書を意識した最初で、それが今でも続いているという感じです。昨年その従兄弟に、「僕に本を読めと言ったの覚えている」と尋ねたら、覚えていないと言っていました。

そういえばある方に、僕が言ったひとことが人生の岐路の決断を後押ししてくれたんですよ、なんて言われたことがあります。しかし僕はその言葉を覚えていません。

こんな風に人生って、人って、複雑な関わりの中で今の自分がいるんだということを考えると、サピエンス全史が言わんとしていることが理解できてきます。僕たちはそれぞれ全くの個として存在していることなんてありえません。ですから今の自分は自分で自分になったというよりは、オギャーと生まれてからの物語はもちろんのこと、自分が生まれる前の親の物語も含めて自分をかたちづくっているのだなあと思います。

今日は今年最初の東京基督教大学でのレッスンがあります。レッスンでは僕が教えようとすることと、レッスン生がそこから得ることとの間にはきっと距離があるのだと思います。しかしそこに生まれる出来事やことばが有機的に働いてくれることを願います。

教える側としては無責任かもしれませんが、それは僕が自分についてわかっているかというとそうでもないし。ギターやウクレレを教えることについて完璧かというとそうではありません。途上にある僕が途上にある人を教えるのですから、そこに不思議が伴わないと化学反応は起きないのだと思います。

科学反応が起こるためには、僕が僕であることが大事でしょう。それが頑固な僕であっても、優柔不断な僕であっても、他の誰かのようである必要はないですよね。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

気分は各駅停車<番組スタート>

9784264027096

今年1年の終わりをこうして無事に迎えられていることをを心から感謝します。今年はデビュー40周年の年でしたが、長女の亜希子を神さまのもとに送ってから30年の年でもありました。

20代の初めのころに誰に何を占ってもらったのかは忘れましたが、僕の寿命は30数才と言われたことがありました。その後僕はクリスチャンとなりましたが、今日まで生かされ、そして家族と仕事が与えられていることは神さまのおかげ以外にないと思っています。

昨日ひとつの動画がYouTubeにアップされました。その動画のタイトルはー岩渕まこと『気分は各駅停車』ーです。今年の7月に、このブログにも何度か登場している映像制作会社のLOOPさんとの出会いがありました。出会いと言っても最初はメールでした。その内容を簡単にまとめると「僕の密着取材をしたい」というものでした。

メールから受ける印象は「とにかく本気」という感じでしたが、僕には「どうして僕?」という思いを拭い去ることができません。やがて先方から「こちらから訪ねて行くことはもちろんできますが、どんな会社かお知りになりたいと思うので、会社にお出でいただいてお話をさせていただいた方が、私たちのことも知っていただけて良いかと思います」。というようなメールが届きました。

そして7月14日の午後に会社に伺ったのですが、そのままいろいろと話が弾み、密着取材をお受けすることにしました。正直何度か取材を受けた今でも「どうして僕?」という気持ちは消えませんが、この「どうして?」は「神さまが」なのだと受け取っています。

番組の基本のコンセプトはLOOPさんの「社会への恩返し」です。ですから僕の密着巣材といっても、それはあくまで僕の普段の活動を起点として、そこに関わってくださる方々や出会った方々へと取材範囲は広がっていきます。ですから番組は9月のライブから始まり、釜石での活動、チャペルコンサートの様子や先日の朝倉市や熊本での活動、そして11月の稲垣潤一くんのライブなどなどかなり広範囲に渡ります。

まずは番組のVol.001をお楽しみください。9月のライブの様子がご覧いただけます。「Oh!こんなライブだったらもっと観たいと思った方はどうぞDVDを・・・」なんて年末に宣伝かあ!









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

物語が生まれる場所

20171228_62527

昨夕ギンイロヒコーキでの年内最後のレッスンがありました。お店を開けて電気や暖房をつけて準備をしてレッスン生の到着を待ちますが、昨日はその間にふと幸せを感じました。

もう大分前のことになりますが、自分がギターを教えている夢を見たことがありました。今でもその夢の光景、特に教えている部屋の床のことを鮮明に覚えています。その後新しく引っ越した自宅でレッスンをしたこともありましたが、自宅の床と夢に見た床は違っていました。

ギンイロヒコーキのスタジオスペースが出来上がった時に「ああ!夢で見た床だ」と思いました。そしてあれから約5年、ここでギターとウクレレのレッスンをし、2階のカフェではライブまでしています。

昨日はレッスン生を待ちながらふとその夢のことを思い出し、何かあたたかなものに囲まれているような気持ちになりました。まさかこんなスペースを使えるようになる将来が来るなんて考えてもいませんでしたから。

事の始まりは都内のベーカリーで働いていた娘が「パンを焼ける場所が欲しい」と言ったことからでした。そうしたら自宅の近くに長年空き家になっていた学習塾の建物に賃貸の札が下がったんです。それを駄目元で娘と妻と僕とで見にいって、そのまま価格交渉にまで進んでギンイロヒコーキへとつながりました。今のようなのんびりとしたスタイルでカフェもベーカリーもスタジオも続けられているのはひとえに大家さんが安く使わせてくれているおかげです。本当にありがたいです。

ところでギンイロヒコーキというネーミングですが、もともと僕の曲に同名の曲があるのですが、僕がお店の名前にしたわけではなく、息子やお嫁さん、そして娘が相談して付けました。

僕自身はこの場所を使わせてもらうようになって、旅人的な生き方から、ここに生きるという、土地に根を生やす生き方に変わったように思います。

昨日のレッスンは中学生です、彼は小学校からウクレレを始めて、中学になってギターを弾き始めました。部活で忙しくしている中、そして寒い中をやってきてくれます。それこそ彼の物語の中に僕が関わり、僕の物語を彼が豊かにしてくれる。そんな物語が生まれる場所になっているギンイロヒコーキをこれからも大切に守ってゆきたいなと思う年の瀬です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda


| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

教えすぎという迷路

昨晩はさすがに爆睡しました。

今日はTCUでの年内最後のレッスンとなります。受講生それぞれの顔を思い浮かべながら準備をするのも楽しい時間です。というかやっと教えることにわずかながら楽しさを感じられるようになった、という方が正確かもしれません。

それは多分教えるということに加えて、育てるということが少しわかってきたからかもしれません。この変化のきっかけになったのは、教える側の意識を受講生と向き合わせるのではなく、同じ方向が見えるように並ぶのが大切ではないかと思い立ったことからでした。

それは教える側と教えられる側という関係ではなく、一緒に目標を探して一緒に進むという関係との違いです。実際に横に並んで教えているわけではありませんが、そのように意識するようにしてからは、自分に教えることの責任がのしかかってくるような、妙な重苦しさがなくなりました。

教える側の心が軽くなることは良いことです。とにかく自分が教えられないという焦りから生まれてくる「教えすぎ」という迷路に入り込まないようにしなければいけないなと思います。

教えすぎとは、もし自分が受講する立場だったらこれくらいは教えてほしいなあ、という自分の理想で教えすぎるということかもしれません。

受講生と横並びになってみると、今はこれぐらいの分量と内容が理解しやすくて楽しいんだ、次への意欲が湧くんだ、ということが見えてくるようになりました。

冬学期のレッスン自体残りあまり回数がありません。ひとりひとりのニーズに少しでも応えてあげたいと思いますが、これまた教えすぎにつながる可能性があるので要注意です。というわけで、今日も気持ちは横並びでいきたいと思います。

Img_0005_1

写真は熊本名物のいきなり団子です。中にお芋とあんこが入っていてほっこりと美味しい団子?です。これくらい美味しいレッスンができたら良いのですがね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売中

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

今日から冬学期レッスン開始

今日から東京基督教大学の冬学期のレッスンが始まります。現在10名の方が受講していますが、その中の半数近い方が聴講生です。受講生はそれぞれのレベル、ニーズ、体格(全身はもとより、特に肩から指先までを含めて)が違います。それぞれに適したレッスンをするためには知恵と知識が必要となります。そんなこともあり、レッスンを始めた頃にはグループレッスンもしていましたが、現在は全て個人レッスンになっています。

今朝Facebookで大学の紹介ビデオを観ました。学生たちの1日は教える立場の者として興味深かったです。


冬学期では5回のレッスンが予定されています。少しでも良いレッスンができるように、聴こえる耳、見える目、判断できる知識を用いることができるように願いつつ、常に柔軟であることを忘れないようにしたいと思っています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デビュー40周年記念ライブ「月夜の焚き火」のDVD発売開始。

約2時間の内容で¥3240(税込)です。送料は無料となります。

ご希望の方は下記の項目を明記していただき、メールでMAKOTO BOXまで
お申込みください。

枚数
金額
お名前
Tel.
郵便番号
住所
岩渕のサインの有無

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

Dvda

Dvdb

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

「月夜の焚き火」DVD情報

Dvdorder

昨日に引き続きまして「月夜の焚き火」DVD情報です。

今回のDVDではまだCDにはしていない楽曲を何曲かお聴きいただくことができます。以下それらの曲のタイトルです。

この街で         作詞/作曲 岩渕まこと  演奏:まこと&由美子
ありがと音頭       作詞/作曲 岩渕まこと  演奏:全員
三陸のキリスト     作詞/作曲 高橋和義   演奏:高橋和義
なんでもできる2014 作曲 アルビン・オカミ 訳詞 岩渕まこと 
               演奏:高橋和義 まこと&由美子

映像を担当してきださったROOPさんは映像制作会社として設立されてから今年で25年になります。この間様々な番組やアーティストのライブ映像などにも関わってこられています。

20171107_93618

最初に今回のライブの仮編集映像を観せていただき、「これは多くの方々に楽しんでいただきたい」と強く思ったのは、その映像がライブ感に溢れていたからです。詳細な台本もない中でこんな風に臨場感あふれるライブが映像が撮れるなんて想像を超えていました。

という経緯で今回の発売ということになったのです。約2時間近い内容ですのでしっかりと楽しんでいただけることと思います。

そして登場するミュージシャンのお宝映像も満載です。楽器やバンドに興味を持たれている方にもお薦めです。

昨日からすでに予約をいただいていますが、初回の枚数に限りがありますので、事前に予約申し込みをいただければ確実にお届けできます。ぜひ観て聴いていただきたいDVDです。その際は申込書にあります項目をメールでおしらせください。

MAKOTO BOX singanewsong@cmail.plala.or.jp

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

月夜の焚き火DVD発売

Dvdorder

以前この僕があるテレビ制作会社の同行取材を受けることになったことはお伝えしたと思います。その最初の取材は9月8日の40周年記念ライブからでした。ライブの音は当初から録音して残しておきたいと準備しましたが、映像を残すことはあまり考えてはいませんでした。ところがこのテレビ制作会社のLOOPさんが、ライブ全体を3台のカメラで撮ってくださったんです。後日その仮編集を見せてもらったら、とても臨場感のある映像で、これはみなさんにも観ていただきたいという気持ちが湧いてきました。そして今月末にDVDとしてリリースすることになりました。

何せ僕と由美子さん、そしてアコースティックボンボンの演奏はもちろんですが、久しぶりのペトラストリートの演奏に加えて、2人のベーシストでの「永遠鉄道」などマニアックな人にはかなり美味しい内容となっています。また特別ゲストとして歌っていただいた、釜石の高橋和義牧師の歌も貴重だと思います。和義先生と僕と由美子さんの3人で、これまでステージではよく歌ってきた、コアロハのアルビンさんの名曲「なんでもできる」を歌っています。これもレアです。

とにかく盛り上がったライブのあの感じを多くの皆様にも味わっていただけたら嬉しいです。すでに申し込みを受け付けていますので、ご希望の方はメールでお申込みください。

岩渕まことデビュー40周年記念ライブ 東京
             
DVD「月夜の焚き火」

出演:岩渕まこと(Vo,G) 岩渕由美子(Vo) 市原康(Dr) 谷源昌(B)
        ゲスト 西原悟(Key) 万年諭(B)
     スペシャルゲスト 高橋和義(Vo,Uke)

定価:¥3,240(3,000+税)

発売日:11月下旬

特典:年内送料無料

お問い合わせ:MAOTO BOX   

Tel.080-5384-2402    singanewsong@cmail.plala.or.jp

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

月夜の焚き火@仙台(6)

20170929dscf1353_2
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

15分程の休憩を挟んで、2部は榊原くん、崎村くん、黒津くん、由美子さんとの5人編成で進めてゆきます。

20170929dscf1361

1曲目は「ドキドキスキップ」。もちろんこのメンバーでは初めての演奏です。間奏は黒津くんのセミアコのソロ。ひょっとしたら「ドキドキスキップ」のラテン系のリズムでのソロは初めて聴いたかもしれません。

20170929dscf1365
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

続けて僕がウクレレに持ち替えて「かけがえのない世界」です。この曲は「What a wouderful world」の私訳バージョンで最近ではよく歌っています。由美子さんが一緒の時は彼女が歌っていますので、次第に彼女の持ち歌のようになっています。間奏はベースの崎村くんのソロ、ファンキーなベースはもちろん、メロディアスなベースも得意とする彼の音色を楽しませてもらいました。

20170929dscf1378
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

ここで1部で歌ってくれた和司くんに加わってもらって「ザット・ラッキーオールド・サン」を歌いました。最近の僕はこの歌が一番歌いたい歌になっているようです。どこでいつ歌っても気持ちが入りますし、聴いてくださった方からのレスポンスも多くなっています。もともとは久保田麻琴さんの歌で知っていたのですが、これまた私訳をして歌っています。「かけがえのない世界」も「ザット・ラッキーオールド・サン」も次のCDには収録したい曲です。

2部の4曲目は「北上夜曲」です。これは演奏的にフリーな部分が多いので、ミュージシャンそれぞれの味わいが聴こえてきます。今回は和司くんというボーカリストもいるので、彼にもソロをとってもらうこともできました。

20170929dscf1379
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

そもそもこの曲は東日本震災以降に歌い始めた曲です。その曲を仙台の仲間とこうして一緒に歌う日が来るなんて考えたことがありませんでした。会場には東京のゲストとしてお招きした釜石の高橋和義牧師も来てくださっているし、ちょっと特別な時間だったと思います。

20170929dscf1385
FUJIFILM X-T1 XF18-55mm f2.8-4 友人のみかさん撮影

それは今回のライブのコンセプトである、過去、現在、未来のみっつがひとつになっていたからです。一緒に演奏しているミュージシャンたちの間で僕は歌いはじめ、東日本大震災から自分の今が変化しだし、そのことが僕にそれ以前とは違う未来をもたらしているからです。東日本大震災から僕は、僕たちは変わったんです。

この編成での最後の曲は「サヨナラは言わない」です。この曲は”東北応援団 LOVE EAST”のテーマ曲です。大震災から、この曲が生まれてから、6年が過ぎました。大震災は過去であり、今であり、そして明日でもあります。もうこの事実は僕たちの人生から外すことのできないことなのです。僕に自分の未来が見えているわけではありませんが、やがていつかあの大震災が今の僕の母であったと感じる日がくることでしょう。

今回の仙台でのライブでは自分の過去と現在と未来が手をとって踊っているようでした。

さあライブの方もフィナーレが近づいてきます。次回に続きます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月23日(祝)に稲垣潤一くんのライブにゲスト出演します。
是非お出かけください。
会場は <築地・汐留 BLUE MOOD>
昼夜2回公演です。詳しくはBLUE MOODのサイトでご確認ください。

20171001_162915_2

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

ギンイロヒコーキ発表会

8日の東京でのライブのレポートを書き終えてみれば、もう9月もしっかり後半です。29日の仙台のライブは東京とメンバーが全く違うので若干、期待と不安が交錯しています。この交錯している感じを楽しみというのかもしれないですね。

さてライブを終えてからの間にギンイロヒコーキではレッスンを受講している方々の発表会を持ちました。今回参加された方々は未就学児から僕よりちょっと上の方々まで様々です。約2時間弱の会でしたがとても楽しい時でした。

僕の役目は、まずは会場準備のちょっとした力仕事。会が始まってからは何人かの方のサポートや、それぞれの演奏にミニコメントをすること、妻と一緒に歌うこと、そして記録写真を撮ることでした。

なんやかんやしながら写真を撮っていたので、ちょっと中途半端な撮影ですが当日の雰囲気を感じてもらえると思います(僕がサポートした人たちなど何人かは撮ることができませんでした・涙)。

20170916dscf1023
FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf0990
FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1001

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1005

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1007

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1048
FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1030

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1021

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1053

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

20170916dscf1058

FUJIFILM X-T1 XF35mm f1.4 R

今回もカフェいっぱいの方々で発表会をすることができました。とにかく完成されたものを発表する会ではなく、自分たちの今の演奏を分かち合う発表会なので、その仕上がり具合はさまざまですが、皆さんがお互いをやわらかく受け入れあっているこの発表会が僕は大好きです。そしてこんな空気感でレッスンを継続させてもらえていることも喜びです。レッスンに興味のある方はどうぞお気軽にご相談ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月29日の仙台はほぼ満席となっております。
今後ご予約をいただいた場合立ち見になる可能性がありますが、
若干名の方々をお受けできます。

お問い合わせはMAKOTO BOX までお願いします。
Email:singanewsong@cmail.plala.or.jp
Tel:080-5384-2402

20170724img_4093

400929sendai

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Boogie | ウクレレ | ギター | コンサート情報 | 写真 | | 日記 | 音楽